整理ノックというのは何度か書いているような気がする。
整理ってのは、すごく重要なことだが、
多分、創造とか、開発とか、進行とか実施とかに比べて、
一番「軽んじられやすい」部分だ。フィードバックとか振り返りもそうだけど。
そういうのを面倒だといってやらないと、多分残るものがきちっと
学べなくて、もったいない感はある。

もちろん、整理しすぎって例もあるが、それを心配することはほぼない。
同じことから学びとろうとしすぎると、ほかのことをやったほうがいいという
時があるが、それを言わずにあえて、黙っておくのも面白い。

【839.書店広告】
書店自体は、広告を出すという感覚はないような。
もちろん、何かの協賛とかではあるだろうけど、
そもそも儲からないビジネスモデルにある中で、どうするかが課題。
なので、広告というか、本に関するところでは積極的に
仕掛けていったほうがいい。本業が。新刊販売なら、
必ず売り上げが落ちていくか、何か別路線に走る可能性がある。

そのときがチャンスで、新規事業ならば、
広告事業、電子書籍事業など仕掛けるところはありそうだ。
電子書籍っていうとありふれているというかもしれないが、
きちっとやれるというのは少ないはずで。

書店とは、小売なので、小売が直接マーケットに広告ってのも
違和感はある(書店といっても、スケールメリットがほとんどないので、
ブックオフはモンスターみたいなもんだろうけど)。
そこが新鮮ならいいかも。

【840.ジェットストリームの活用】
ボールペンの活用として、思わず書きたくなるボールペンとして
使ってもらえればいいかも。そうすると、あ、これほしいって人が
もしかしたら出てくるかも。

また、あまりかかれないアンケート集計とかに対して
「WRITE ME」みたいにするとキャッチかも。

ちなみにこれです。10本くらいまとめ買いしてもいいくらいで。
何かUNIさんと組んでやりたいなー。

三菱鉛筆 ジェットストリーム(1.0m/m)【黒】 SXN15010.24三菱鉛筆 ジェットストリーム(1.0m/m)【黒】 SXN15010.24

三菱鉛筆
売り上げランキング : 4198
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【841.アートコミュニケーション本棚】
擬似的に本棚で社会を作るっていうちょっと馬鹿っぽいけど、
大真面目企画。企画は完成。細かいところはスルーして、
いつ日の目を見るときがくるかな(笑)

【842.FCビジネスのパンフ】
代理店を募る、またはどういう展開をしていくかにおいて、
FCビジネスのパンフを参考にできるはず。
とはいえ、白いタイヤキを今頃やっていてはダメだろうけど。

【843.歌詞カード紛失フォロー】
レンタルCDで歌詞カードがないとき、どうするか。
携帯でCDにかざしたりすると見えるとすばらしいと思うが、
多分有料サービスでありそう。携帯に曲名いれると
JASRAC認証みたいな感じで。

【844.企画の応用】
企画の基本はいいから、企画の応用みたいなのが
知りたい人は多いかもしれないということで。
ただ、応用は企画の・・・というよりも、
形をうまく使いこなせれば、いいわけで、
そのためには基本が・・・必須となる。堂々巡りかも。

例でいえば、アイデアのコールドスプレー。
これは冷却することで、持ち運んでも保存が利く企画ってこと。

アイデアの後ろ髪を捕まえるとかは、
これは、つまり、常に基本ができている人は捕まえられるってこと。

こんな感じで。

【845.企画コレクション】
PIEBOOKSがデザインでやってるっぽいけど、
名刺コレクションとか。それの企画版。
ただ、ヒット商品の企画書みたいな新書が以前あったような。
企画書を全部自主企画で出せばOKだけど、それだと偏りがあって
面白くなさそう。ただ企画書の顔である、装丁、表紙を
デザインされたものを並べるってのは楽しそう。

【846.メモ帳の使い分け】
使い方に含まれるだろうが、メモをどう使い分けるかとか。
電子と紙とか色々、その人の好みがありそうだけど、
結局どういう使いわけかは共通して知っておいて面白そう。

【847.メルマガ紹介受付】
相互紹介みたいなことをやる。
こういうのって新しいことをやったから
見えてくるみたいなものというのがポイント。
やらなければ、それはわからなかったというか。

【848.インスタントプロジェクトのプロジェクト】
即席プロジェクトと同様だが、
そういったプロジェクトを何本も走らせていくコツの伝授。
まあ、マルチタスクっていうよりも、
プロジェクトをタスク化して共通化、部品化するって考えというか。
企画を一緒にやったら、あの感じで別にあてていくとか。
そういうことってやっている人なら一発でイメージできるけど、
そうじゃない人はまったく意味不明の世界。

【849.出張ブレスト】
出前ブレストとか、名前は要検討で。
ブレストというのは特殊なことではなく、どこでもできる。
ただ、ヒアリングと整理、つまり集約してアクションっていう
イメージをきちっと「言語」または「図解」で書けることが
できるかどうか。そこは大事で、相手の頭に映像が浮かぶようにできれば
上等。面白いと思わせればいいというか、脳がそうなればいい。
錯覚でもなく。

一気にアイデアが加速するというところから、
これはニーズがありそう。まあ、一番手近なところじゃないかと。
おお、サービス化しそうだ。さあ、提案だ。