おそらく、アイデアを出したい・・・って人。
ニーズとしてそこまでいない気がしてきた。
その理由は、
・そもそもアイデアが欲しいという領域にいない
・アイデアは才能だという強い強迫観念、苦手意識、偏見が脳に貼り付いている
が大きい。
が、とはいえ、だからどうだということで、
そうじゃないのよ、といっていかねばならないし、
そういうスタイルで提案していくしかない。

が、当然、出しても切れないネタがあるし、
アイデアがあるのだから、そこが勝負のポイントとなる。

要するに、「私が話すやり方でやっているものでやると、
こういうアイデアになる」けれど、「あなたはまだできないから、
私がやっているのだ」ということになる。

それは、100円持っていても、食べ物しか買えないと思うのか、
それで、食べ物の原料を買って加工するイメージかで
話が違ってくるってこと。

つまり、アイデアは加工をどういう意図でやるか。
これってデザインするということで、企画するってことなんだけど、
ここらへんまでくると、なかなかついてこれる人は減る。
が、プロはこれやってるんだよーと。

【761.レゴレイティブ】
LEGO×CREATIVEの造語。レゴで作り出す。
アイデアを形にする方法として、レゴで作るってのも面白い。

【762.朝大学の提案】
朝時間帯にある程度のコンテンツを提供できる・・・
ならば、講師だと講義だけど、かなり需要はあるような気がする。
ゲートボールとかばっかやって一日終わって楽しいね、って
人は偏見かもしれないが、いないと思う。
ほら、趣味をずっとやっているというモデルは、「趣味」の概念と
反する。
たまに、趣味に生きるって人はいるけど、とことんやれば、
趣味もビジネスになると思うし、また、趣味に生きるには、
何かしら生活の種が必要だ。それがあってこその趣味だからこそ、
趣味に生きるとは、逆にいえば、生活の種に無感動になるということ。
それが仕事ならば、とても面白くないだろう。

その考え方をする人は多いので、ちょっとそこ角度をずらしたりして、
提案していきたいなあ。

朝大学ってのもその一部になればいいんだけど。

【763.グラディウス1PLAY10円のようなビジネス】
つまり、小分けであり、切り口の上手さである。
確かに、ゲームにお金を取るのは、ゲーセン・・・だが、
そうではなくても、ファミコンx課金箱で出来るわけだ。
そういうのって、昔のおもちゃ屋の原風景になっているんだけど、
実はすごい工夫だと思っている。

こういった「さりげない」「何気ない」「小さな」工夫が、
必ず成果につながる。その感覚は間違っていないと思う。

そういう工夫=アイデアがないと嘆くのではなくて、
着想とか発想とかでもなくて、
どれくらい何を考えたか。

結局、考えた量は誰に言わなくても、必ず具現化される。
そして、例えば考え抜いたものがアウトプットとして、
上のような工夫として出てきた場合は、それはとてつもなく
面白いものになっていく。

昔、考えるということが全てだと思ったが、
「考える」だけでは哲学だが、行動をあわせていけば、
ほとんど乗り越えられる。当たり前だけど。

【764.ピラミッドディスプレイ】
本をピラミッドディスプレイにする。
缶を並べるように、ピラミッド型の本積み。
これはインパクトあるし、ただ、買いたいかどうかは微妙か。

【765.自販機デザイン】
何か券売機のようなデザインで、アイデアレイアウトとして
書いてみる。こういうインフォグラムではないけど、
アイデアと情報があるものは同時に2つ楽しめる要素があって、
何かの通訳、トランスレート、見せ方として大事。
1文1義ではないという感覚。

【766.イベントの案内×あらゆる人】
つまり、イベントの案内・・・は口コミ、告知とかで
くくられる。ただ、イベント自体の広告塔という位置づけになれば、
その人が勝手に宣伝してくれるし、ポイントやデメリットも
分析してくれているかも。

セールスマンとは、ものを売る人という意味ではなく、
情報を伝播する=伝えるという、意味で使うならば、
セールスマンは一杯いるかはおいておいて、そういう人に
情報が確実に届けばいいんじゃないか。

または、そういう「イベント情報」を加工、編集して、
どういう見せ方をするか、イベント情報の告知自体を
コンテンツ化できるという可能性。

【767.庵ひろ傘】
5本ほど貸し出し用に開発。
デザインをシールを貼って広告。
デポジット用に、100円程度保証金、返却時に100円返却。

本と同じで、レンタルの有効活用と、庵ひろの宣伝につなげる。
不要な傘、忘れ物傘を利用するとリサイクル的な位置づけになる。

【768.タスクの対応関係】
以前に描いたような。
事業はプロジェクト、企画はチーム、アイデアはタスクやTODOとなる。
これが大事な理由は、いざアイデアで事業やプロジェクトができないのと、
企画とアイデアの違い、チームという構成員とプロジェクトという形あるものの違いなど色々説明できるから。

というアイデアを考えているが、実はこれによって、
どの段階にあるかを明示できるから、アイデアレベルと思っていても、
じゃあ、次の段階は?と聞かれて出来ない人には結構使えるかも。

【769.マンデーカタリベ】
カタリベカフェの月曜日Ver。司書向け。
マンデーフットボールから拝借。
司書は図書館司書のことだが、月曜日は休みなので、
参加率が上がることは間違いないと思い込んだため(笑)

【770.時刻表チラシの掲載】
Webに時刻表をかたどった、アクセスマップまたは、
時刻表そのものを掲示する。一つのアクセスとして楽しめるかも。