文庫ノートに書いてるうちに結構ロストしてました。
実は、ほぼ完璧に1日3本ペースをこなしています。プロを目指すなら
当たり前っちゃ当たり前ですが、これはオススメです。
1000本いったら、大々的にこのやり方をオススメしていって、
バンダイさんに感謝の一筆でも出すことにします(笑)

【568.商品デザインの紹介、プレゼン】
プロダクトデザインって、なんかデザインデザインしたものでもいいんですが、そうじゃないもの、何気ない使いこなしているペンでも、
それを写真を撮ると、客体化というか、客観視できると思うんですね。
そういうのをいくつか集めて紹介する。
多分写真とっていく作業が大事でそれをしないと、多分脳内が
「ペン」という機能を紹介してしまって、デザインについて、
触れにくいのではないかと。

【569.自作自演ビジネス】
これって例えば「はてな」で規約をみると禁止になってますね(笑)
まあ、そういう自作自演ではなく、自分でやった企画を自分で演じる。
それって普通は自主企画の実施なんて言うことかもしれませんが。

でも、サクラがどうかはおいておいて、
サクラを使うのも立派な見せ方かと。
だって、サクラって多分分かるし、長続きしないですからね。
っていうと、マックでいつかやってたサクラ云々の問題が・・・。


【570.本のゆりかごから墓場まで】
死ぬまで持って生きたいというよりも、
生まれてからずっと、生きている間に、本というものが
どう関わっていくか。本を主体にした年表。
今までみたことあるけど、そういうのを全面にだしていくと、
面白いビジュアルが作れるような気がする。