自分をコントロールできない状態とは、別に酒を飲むことではない。
それはアホである。

さて、おかしいとは、通常ではない有様のことをここではいうが、
僕がなぜブログを書き続けるのは、楽しいからでしかない。
全く接続語がおかしいが。

自分の考えていることをどこまで言語化できるというのは
僕の課題であるが、ただ言葉を信じすぎないというのもまたルールだ。
全て言葉でやらなければならないというのも、一興だ。
でも、そこまでやると、おそらくコントロールできない状態ではなく、
ただの発狂になる。多分、捕まる気が(笑)

あ、これは好きだというものがあったら、それを想像してみて欲しい。
多分それが僕にとっては、書くということになる。

書くことで、何かが変わることがある。
自分の整理というのは、言葉では「安い」が、しかし現実的価値は高い。
そこが分かる人は、おそらく書くということが表現だと理解していると思われる。
でも、そうではない人には、その大切さは分からない。
これは、分からない人間が馬鹿というわけではない。

自分も含めて、何かに救われるとは、それが絶対に見えるのだ。
その心理を悪用する輩もいるくらい、それはやはり価値があるのだ。
やや表現は悪いが。

おかしいのは自分が笑えばいい。人が笑う理由はそこにはない。
何があってもだ。