今週はえらくあっちゅーまだった気がする。
が、気のせいだろう。まだ金曜日だ。

自分への自信、物事への自信、人への自信。
自信という言葉は、重い。自信がない=不安ではないように、
ん?関係ないな、自分が自信を持てるというのは、
自信があるよというのにも、歳月がかかることが分かりつつある。

これは、自分の知っているぞというところでもそれがいえるから、
それと同様に考えれば、これからやるようなことは
もっと時間がかかるのだと思える。

こだわりとは、「大きな」ものではなく、「小さな」ものとしか
形として現れない。が、その質的な大きさはやはり大きいのだ。
だから、こだわりという言葉は即ち、心の大きさを意味したいものだ。
でも、「こだわり」というのは、たまに自分の視野を狭く、
蛙ちゃんにしているキライもある。というか、そう聞こえる。
でも、そうでははない。こだわりは決して自分を小さくするものではなく、
より大きくしてくれる、そうだなあ、長所のようなものだ。

自分の人生を長所を伸ばして生きたいか、短所を潰して生きたいか。
単にいいところをみるような状態に(自分にも他人にも)していくことを
していけばいいような気がする。
おそらく、これは誰でも出来る。でも、すぐにはできないことで、
きっと、だから人はこういう言葉を聞いてイラっとして、
できねーんだよってすぐに違いを見ていうのかなと思える。

そうではなく、その違いの良いところを見るだけでいいのだ。
多分それしか取り入れられないし、学べない。
それをもっと取り入れたい、学びたいなら、そこで踏ん張ればいいだけの話だ。

さあ、ふんばれ己。