タイトルつけるの面倒だから、
本文からジェネレートするの誰か作ってください。
って自分で作れよってことか。むー、確かに独り言には向いてる。
それ以外には向いてない(笑)

シブヤ大学が9月から設立されたらしい。
市の事業ではなく、NPO法人の事業となる。
もちろん、学校法人ではないっぽい。詳しくは知らん(笑)
でもこれって、記事読むかぎり、名古屋がやってる
なごや環境大学っとにてるね。
でも、名古屋は単位取れるみたいだから、結構名古屋市が力入れてるんだねえ。
やっぱ人口の違いだね。
だって、起業家とかクリエイターが集まる街って、
下手すりゃ、何も売ってない街になる(=スーパーがない)ということになる(笑)ので、
もちろん、そりゃ言い方の問題で、それくらい集まっているってことなんだろうけどね。


アフガンの図書館。
シャンティ国際ボランティア会(SVA)の活動。
子どもが絵本という本に触れられないというのは、悲しいことですな。
がんがれというしかないのだけど。


千代田図書館。
指定管理者制度で、来年4月かららしい。
ところで、この制度は、PFIとは何が違うというところが気になるが、
面倒なので調べない(おぃ
多分、色々違うんだろうけど、公共サービスってところが、
自治体は分からなくなってるんだろうなあとか乱暴に想像。
ちなみに、この記事にもNY公共図書館の例はのってる。

そういえば、PFIみたいに民間にしちゃったら、ベストセラーしか
おかないことになるじゃーんっていう話があったのだけど、
それは逆で、むしろこの記事では、公共図書館が、
何冊もベストセラーを買い込むとかかれている。

さあ、真実はどっちだと、探っている暇はないので誰かに任せる(笑)
でも、基本は、私はこれを探しているのだがーといって、
それでそれならこうすればいいんじゃないですかー?という
流れがあればいいような気がする。
別に図書館は、住民私的書庫ではないのであるのだ。

図書館側の反省は図書館関係者にオマカセして、
住民が何をしてこなかったはもっと考える必要あり。
まず、図書館に何かを今までいってきたかというのが大きな問題。
彼ら彼女らには、意外に伝わっていないの。
もっと声を大きくすることが必要か。
ちなみに、戦争反対デモなどは、そういう意味でのデモンストレーションであって、PR手法というとビジネス臭いが、別にそうでもない。

相手に気づいてもらうには、例えば、恋愛という面でも、
同じようなことをするだろう。さりげなくでも、オープンにでも。
でも、それは相手をよく知らねば出来ない。
例えば、ブランド好きだからといって、アジダスというTシャツをあげたら
多分怒ってくるだろうが、まあそれはワライ話としておいておいて。

そういう声にこたえていくという、姿勢、ベクトルが、
同時に図書館側にあるかというと、これも見えない。
何で見えないのかは、コミュニケーション不足でしかないだろう。

ならば、もっと話していってやろう。
仕事という意味で、公共サービスも何も変わらない。
仕事を創るというのも変わらない。

これはおそらく事実だろう。が確認せねばならない。
確認させてちょーらい。