のだめってよく聞くけど、本当に面白いのかよー。
俺の眼力なめんなよー。って読んだら、
うお。普通に面白いじゃないか(普通に面白いという表現は、
「普通な」面白さではなく、期待していなかったのに、
それが「普通」という意味ということ。だから面白さに係らない。)

ゴミ屋敷最高。
片づけが出来ない人っていうような本あったかなあ。どうでもいいわ。

ですノーとって、死のノートかよ。
けっ、面白いだ?映画だ?このやろー。俺をなめんなよ。
って、読んだら、普通におもしれーじゃねーか。
リュークは、寄生獣ほどのインパクトがないが、怖いな。
あれがすげー怖い存在だったら、多分小学生にはトラウマになる(笑)
てか、小学生の時に、ホラー漫画で有名な人の、作品が
学級文庫レベルで教室にあって、すげー怖かった覚えがある。
虎馬だ。

死紙(デスノート)は、3巻くらいまで読んで思ったのは、
どう考えてもあぶねーなと思う。いやその存在がね。
あれ、推理ってところで面白くしているけど、
呪いとかのレベルで本当にやってる人は、全国探せば
いるんじゃないの?とか思ったりする。こえー。

あと、ハガレン14巻出てたのか。なにー15巻が今月だと。読まねば。

やはり、世界観を作らないとダメっすねえ。
ああ、錬金術使いたいな。図書館作る。
練成のための素材は?あー今、エコだから錬金術師は
非エコだからダメか。

現実はまるで×ゲームのようだ(笑)