確かに自分の仕事でのミスは嫌なものだ。
でも、それは真剣にやっていたならば、嫌を通り越して、
「ああ、これはいかんのう」という感覚になる。

というわけで、だらだらやるとミスも増えるが、そのミスに責任も感じないので、
やはりいかんなーと思う。

少しのことでは動じない。それを以前より「思うように」なるということは、
キャパシティが増えたってことか。

ほう。テンションが張るくらいの出来事がなくなることはないだろう。仕事において。
でも、それが面白いかどうかがかぎか。
つまり、自分があーくそーとか思って少しいらだちながらも、
でも仕事だからきっちりやるまでさって思えるかどうか。
「きっちりやるまでさ」というフレーズが頭にでるかがポイント。
でなければ、仕事との切り分けができていないか、
切り分けてても中途半端に終わっているかか。とにらむ。

達成感というのはよく分からないけど、自分で達成目標は作るべきもので、
それを人に与えられてこれやってみろといって、それをこなして、
「達成!」なんていってたら、そりゃつまらんわ。全てレールの上の出来事である。
自分で1mmでもいいから、こっち側に持ってくる。それが形に残ることに
ほとんど意味は無く、そう思考したことに意味がある。
もちろん、それは形に残る、学んだものが転化?して、目に見えるものになるまでの
話で、やはり最終的には学びは形になると思われる。というか、なる。


ところで、ダチが激しく働いておる。
む・・・皆タフやねえ・・・。僕はそんなタフガイじゃないぜ。うはは!
現実から逃げろといいたくなるほどがんばるのも一興だね。