まず1発目として、会話から。

「この本どうだった?」
『なかなかよかった』
「どこが良かった?」
『2つあってね、まず1つは主人公の倒錯しまくりなところ。
もう1つは、タイトルかな。』
「タイトルって、このタイトルが?」
『そう。最近そんなことがあってね』
「最近そんなことがあったの・・・ふーん、とりあえず飲み物頼もうよ」

メニューは、紅茶が好きということで、アイスティーはもちろん、
ハーブティーとか、ロイヤルミルクティーとか、レモンティーとか、
ああ、アップルティーもいいなあ。
ちょっとさりげなくお菓子ついてたり。

当然、店の主として、
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は必須なり。