私はすごいですといっても、まあ大抵の人間なら「何がどうすごいか証明をしてくれたまへ」と。
脱ぐとすごいんですとかいうCMありましたっけ。年ばれますかね。まあ、どうでもいいや。

勘違いしてはならないのは、誰かが自分の考えていることを
分かっているということだ。
それは、何もせずに、何も言わずにね。

んなことあるわけない。そういう意味で宝くじはそういう姿勢かなと思う。
宝くじが悪いわけじゃなくて、そういう姿勢にあると思うだけ。
別視点を持ってる人が宝くじを買うのはいいけど、
もし「誰かがきっと分かってくれるさ」という「視点のみ」しか持たない人が
買ってたらアウト。(アウトって言葉使いすぎだなー、まあいいや。

転職なんかしたい人は、仕事は何をしてきたのか、何を考えてきたのか。
そういうことを聞かれる。そのときに答えられないのではアウト。
そりゃ、自分のことを100%いえってことじゃなくて、思ったことがその場では全てで、
考えたことが全て。結果ですかね、思考の結果、行動の結果、堆積物(nokoさんのパクリですが(笑))であるわけです。

就職の面接でバレるなーと思ったのは、おそらくあらゆる場面で同じで、
どんなジャンルでもいいとして、「人生」について考えないのは、
やっぱまずいんじゃないかなーと。少なくとも考えてない人の話はつまらんと、
今の経験則で断言できるかな。まあ、考えても愚痴ばっかでもアウトですが。

自分の考えてないことは言えないと。まあそうだろうし、そう思ってます。


話が吹っ飛んでます。

で、今日付けのとあるメルマガで、僕の書いた適当(笑)な記事が載ってました。
前いってたやつです。額は関係ないですが、謝礼付きだったりします(うふふ
それってまあ紹介というか、掲載記事なんで、そういうのって
まとめておいたほうがいいなーと。まとめるほど紹介されちゃいませんがねえ・・・。
よくあるのは、新聞にのったら、「すげー」というのです。
腐っても新聞(他意はございません?)なので、やはりPR度は抜群ですね。
まとまっててよく分かるし、よっぽど変な記事じゃなきゃ、分かりやすいし。
さすがプロやね(笑)

自分の書いてきたものとか、そういうもので紹介を受けたのはとりあえず、
整理しておくことにします。
ITEBから得られた教訓というわけでもないですが、得たものを活かすという形ですね。

ちなみに、このブログはファンならご存知の領域ですが、
一度ドリコムメルマガで取り上げられた時期があります。懐かしい。
そのメルマガとってあるんですわ。きっちりと。そういうのもあったりします。

紹介されるように書くというのは、プレスリリースはそういう狙いですねえ。
まあ「文章」も色々あるわけですな。深いです。
入りこむともう抜けられない。ひー。