そのやり方出来ないならやり方を変えるまで。
本当にやりたいなら結構なやり方の変更が可能。

例えば、量。1つずつ作るのは大事だが、そもそもある程度量をこなしてないと、
全体観であったり、パターン、守破離的にいえば、守に到達できないという感じがする。
というか、守をやらないと次の学習段階に入れないというか、楽しめない感じはある。
いやいやトレーニングしている感じみたいなのが実はずっと続けばそれは続かないわけで。
ある日突然かもしれないし、もしかしてこうしたらいいかもってアイデアを入れることができたり、
その気づきのパタンは人それぞれだろうと。

量をこなすとどっかでしっくり来るか、またはしっくり来ないかなど色々見えてくる。
そういう意味で、忙しいといわれる人のほうがほぼ確実にだが、仕事量をこなしており、
仕事自体がプロ化、効率化しているので早い。どこがツボか、コツかここが出来てないなら
これは出来ないなど判断が早い。上達者っていえばいいのか、そういう感じがする。

飽きたら変えてみる。
例えばこのままいくと絶対うまくいかんなって時にそのやり方を続けるのは愚かだ。
だから変える。そして自分の気持ちに素直になって、向きなおしてそこから考える。
なかなかできないかもしれないが、実は自分の姿勢を変えるだけでつまんないかもって
ことが一気に面白くなったりする。

コンフォートゾーンの確認。
自分ららくできるのはいいけど、それは続けるというよりも続く仕組み出会って、
それ自体は何か生み出すというよりも、また違うことや新たなことをしないと、
成長ってことはないと思う。つまり、何かやってないと人は成長が止まる。
というか、止まってしまうと魅力は下がるし、過去の遺産だけって感じになるわけで。
心地良い状態はいいけれど、それはぬるま湯ではないか、単に楽してるだけではないか、
もっとできることがあるんじゃないかと自分に問い正していくことが大事かと。
楽で自分が知っている範囲でやるだけならあまりおもしろくはないという点でここらへんは消化済み。