手段が目的になってはいけないだとか、
目的が手段になってはいけないだとか。
そんなことはとても小さなことで、そこは拘るところではないなと感じる。

大局観とは難しいが、些細なことに捕らわれることで、
大きな流れが見えなくなるということがある。
とはいえ、小さなことを疎かにしては出来ないことばかりにもなってしまう(経験が蓄積されない)

何かをやり続けるということで、大事なことは、
もしかしたら「やり続けたい」と思えるかどうか。
もしすぐに冷めてしまっても、実はまたやりたくなるだとかそういうことになれば
実はやめることはないわけで、継続していく流れになっていくのかなと思う。

逆に考えるといい。
うまくいくことはもしかしたら、うまくいかないのではないかと思うこと。
うまくいかないことはもしかしたら、うまくいくのではないかと思うこと。
これは天邪鬼ではなく、逆転の発想、または別方向の見方だろうと思っている。

ひたらすやり続けるって構えるとなかなかできないけれど、
少しずつたまにやめてもいいや^ー^って思うと結構楽にできたりするのが不思議。
だけど、不思議だけどそれでできならそれでやっておいたほうがいいのではないかって考え方。