珍しいトピックですが。
備忘録です。
どこかのサイトにあったのですが、いつも式を忘れるので。
テキストにメモしてたり。

1. 色をつける範囲を選択し、[書式]-[条件付き書式]を開きます。

2. [条件]の左側のボックスで『数式が』を選択し、右側のボックスに『=MOD(ROW(),2)=0』と入力します。
これにより表の偶数行を指定することができます。奇数行を指定するときには『=MOD(ROW(),2)=1』と入力します。

3. [書式]ボタンをクリックし[セルの書式設定]で[パターン]タブを開き、[パターン]ウインドウで色を選択します。

4. [OK]で[セルの書式設定]を閉じます。

1の条件付き書式は覚えてる。でも、条件付き書式ってネーミング悪い気がする。
なんていうか、すっと入ってこない。が、代替案はない(笑)

2の式を忘れる。忘れないポイントとしては、ROW()で行(縦方向)なんだけど、
それを忘れてしまう。
が、COLUMN()をつかえば、Cが3で返ってくるので、こちらは列を参照する。
ってことで覚えました。

MODは、除算の余りですね。だから、奇数行は1あまるから、好みですが、
奇数行指定か偶数行指定か、もちろん間違えても1か0にするだけですが。
スタートは1行目、つまり奇数行だから、最初の行からやるか次の行から
色つけたいかですね。

3,4は普通なので、OK。

覚えたページの辞書を食べるみたいなことやってますね。