今書き続けるというか、
書く意味が全く意味があると思い出した。
全く意味があるのだ。全くである。

おそらく、また同じような状況だったり、突破したり、
考えたりすることがあるかもしれないが、
そういった契機になってくる時期だと思う。

少なくとも、話す人が変わっていくとか、そういう変化は好きだし、
自分の行動や発言が変わっていくというのが好きだ。
同じことを何度も繰り返さず、結局シンプルに貫く。
わからない人はわからないけども、残念だね、で終わることはせず、
伝えたいなら伝わるまで話せばいい。相手が拒否するならいいが、
こちらは常にオープン。この態度が嫌いな人はしょうがないが、
そこまでやり続けられるんじゃないかってことが大事。

そして飽きずにやり続けられるというのが大事で、
飽きてしまって、それで無理ですというのをさらにやれるか、
そしてそれでやりたいかというところ。苦しさが1%もない仕事はないし、
また自分も生きていて苦しいこともあるけど楽しいこととか、
何か「それいいな」って思える発見とかがあるから人生いいなって思える。
たぶんそういうことが大事だなと。それがあるからいいなと。
だから、そういう楽しみは作ればよく、苦しさはあえて作らなくてもいい。
苦しさは自動的にやってくるから、楽しみをどんどん作っておけばいい。
もちろん、苦しさを回避するとか、乗り越えるとか、楽しみにするとか、
そういう考え方とかやり方は大事だけど基本的な姿勢として。

あとは言葉的なもの。
言葉に対してもっといろいろできそう。そしてアウトプットしていくとか、
アウトプットをする場をどんどん作っていったほうがいいなと思って、
それはブログでもいいけど、自然石を集めるという方法だろうと思う。
きっとそういうことを見えないところでやっている人が強いんだろうなーと。
そして自分もそうやってやってきてるし、やっていこうとますます思う。