1年ぶりくらいですね。

さて、ブログなどのアウトプットが減っているわけでないんですが、
ただ「ある程度読者を意識」しはじめると、「独り言」として、
いわばツイッターの長いやつみたいなものができなくなるんですね。

もちろん、ブログにコラムであるとか、ゆるいネタでいくのもありなんですが、
それってなぜか「そんなの読む人いない」ってことを意識するんですけど、
そうでもないなと。むしろ読む人はそういうところだけ読んでるとかってありそうです。

要はこれは絶対外せないっていうのは「気持ち」が出るのはプラス。
だけど、同時に力んで力が出ないってこともある。よって、外せないよねーってのは
微妙な感じがするわけですね。

全くプライベートで思考をまとめて、メモ書きしてコレは俺の思考。というのもありだし、
本来の日記でオフラインで書くのもいいですね。ただ、それって、
思考スピードと書くのが追いつかないのでイライラするということが、
まあすでにタイピングの段階でもそれくらいのスピードで打つわけで、
もう戻れないと。逆にゆっくりした文章が書けないっていうのにもなりますが、
そういうのってなんでもそうで(笑)

改めてこのブログの役割というかポジションですね。自分の中でです。
個人日記としてグッドだなと。そして自己啓発って本を読んで自分を啓発するわけですけど、
その自己啓発ブログとして自分で自分を啓発して、一種のマスターベーションっぽいんですが、
まあいいんじゃないのと。でも、それを垂れ流すなよってのもあるんですけど、
そもそも読まれるというか、自分が書きたいことを書くわけで、まさにインターネットの果てって感じで。
それをうまく利用しているだけで、何か政治や思想、あとビジネスとかも関係ないですしね。

かっこ良く言えば、中間地帯みたいなものでしょうか。
ギチギチにテーマが決まったりしたものってやっぱそれ以外話しづらい、
または別話題をそっちに編集するだけなんですよね。
じゃあ何もないところで集まれるか、飲み会って飲む+話すだけで、
当然そこにいる人がつまんないなら誰も来ないですよね(笑)
あと、俺の話しを聞けとか。

どちらでもない、一種の緩衝地帯とかいいなあと思うわけです。
相田みつをじゃないですが、どちらかが固いなら他方は柔らかければ割れないと。
言い得て妙で、いいですよね。

そのレンジというか、ギチギチからゆるゆるまでのこのポジショニング、
プロジェクト配置を適切に設定すればかなりノンストレスでいけるなあと感じています。
当然そういう話し相手だとか、時間を取れるとか、仕組みが必須です。
仕組みはどんな人とも交換できない自分価値が最大のものなので、
そこに惜しまないことがコツだなと思いますね。