ReadMasterの軌跡

面白いことを仕掛ける。仕事を作る。ビジネスを作る。そんな日々から出てくるアウトプット蓄積場。

2011年01月

新年色々

今年も始まって、17日が経過した。
さて、色々なことが始まっている。楽しい限り。

仕事も遊びも大事で、結局概念として、
シゴトアソビとか、アソビソゴトとかそういう感覚で
言葉を導き出し、そこで創ったもので戦ってみたいと思ったりする。

すでに新しいチャレンジ(チャレンジとは新しいことに対する暗黙の前提があるが)も
始まり、どんどん現実は塗り替えられていくのが楽しい。

シェアということで、色々なシェアをして、出費を減らす。
これを個人のレベルではなく、組織や法人レベルで貸し借りすれば
とてもメリットが大きい。あとビジネスチャンスも増える。
ここでいうビジネスチャンスは、人の出会い、人とのコミュニケーション。
コミュニケーションが大きくなればなるほど、仕事が生まれるということ。

家計簿的なものに、シェア項目を作り、何をシェアしているか。
当然、大きくいえば、社会資源、自然資源を食らっているわけで、
電気もそうだったりするし。
でも、そういう事を言い出すと収拾がつかないので、
まずは、シェアサービスを試すところから始めようと思う。
多分そういうところでいくと、本の共有はもっとできるし、
有機的にやり続けられるのではないかと思う。
もっともそれによって、何かしらのメリットをすぐに生み出すのは難しいだろう。
が、できることは大きいだろうと思ったりする。

多くの人とつながり、笑いあえて楽しめる。
社交的な人がいいとかそういうことじゃなくて、
そういう人こそが、色々な人とで会えるし、コラボもできるのではないかと。
成功とはそういう意味で、多くのつながりにおいて、認められ、
笑い合える関係性というところかな。
例えば、僕のイメージでは、いくらお金があっても、人と楽しく何かを
やってないと成功という事は言わないし、それは失敗だと思う。
 
メンテナンスをして、持続可能なもののほうが良いというか、
愛着ってなかなかわかないからこそ、いいなあと思ったり。
だからこそ使い続けるもの、使い続けられるものに
お金を出したいし、そこに資源を使いたい、時間を使いたい。

多様性や選択肢というのが色々ある。
それを提示する。一杯あれば多分選択できるんだと思うんだろうと。

ノマドという概念で、色々な場所を行き来する。
とはいえ、自分には旅人志向はなくて、色々な土地にいって住みたいというよりも、
単に仕事を色々な人として、世界をもっとみてみたい、そして、
自分の価値がいかに狭いかを確認して、そうやって人生をいきていきたい。
だから、文字通り世界=海外でもいいし、また自分の見聞を広めるというところで
いいのかなと。というか、そういったところに着地している。
なんていうか、それは固定した場所にいたくないとか、
飽き性であるとか、そういうことの話ではなく・・・。

好きなことをやりながら暮らす。
そういう時に、すぐにそれで暮らせるのか。生きられるのか。
という疑問を持つことが多い。少し頭を麻痺させて、それを考えずに、
いかにその課題や疑問を解消するか、解決するか。
そういうことを考えるまでもないといって一蹴してしまうかは、
ほとんどその人次第であることが多い。
ちなみに、この心理は、悪い宗教(笑)や詐欺、ネットワークビジネスなどの
勧誘にも使われるロジック。

だからこそ、僕は強要はできない。
ギリギリのところの勝負にみえるかもしれないが、
僕自身は至って普通にやってのけるよ、余裕だぜ、と。
そういうところでやってみたい。この姿勢は大事。
無理していることは結構カッコ悪い。

無意識の共鳴みたいなのがあるのかもしれない。
それは人に対して、何かメッセージはあるのかと。
それは何かを聞いた意見とかではなく、あなたが発している何かというメッセージ。
存在自体が何かを出していないか。そういうこと。

個人の戦略と、組織の戦略は分けたほうがいいし、
分けて考えていく。組織が倒れたら個人も倒れる。
それではあまりにも厳しい。個人の戦略がなければ、
個人での成長も限られる、と考える。 

アウトプット


仕入れたネタを。

まずはドクターイエロー。
これは黄色い新幹線。気になる人はこちらの記事を。
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1281247368355.html

黄色い新幹線。
ここから、ピンクの象の絵本を思い出したりするのもいいかも。連想にすぎませんが。
ポイントはこういった面白いネタも、単に「業務用車両」って観点でみちゃうと、
面白さが減る。なんだか、黄色い新幹線が走っているらしいよ、ときいて、
それでおもしろがるのが素敵。


海外経験とかの話。
したほうがいいとか、そういう系の話は、
アドバイスに近い。アドバイスはどう受け取るかでしかないので、
まあこれも、したいならする。したくないならする。
キャパとか幅を拡げる意味ではやって無駄なことは何もなし。

リブリス。
Twitter経由のシェアサービス。面白そう。
試しに使ってみたいや。招待制みたいですね。

おまかせオークション。
リアルの看板にあった、宝石など買取する質屋、リサイクルショップの店頭にて。
いわゆる、ヤフオク代行みたいなイメージ。面白いですね。
客がつくかはやはり、質屋など利用する人にとっては嬉しいのではないかなと。
そういった代行はある種分かりやすいので強いですね。

髪の毛の長い方、歓迎。
これも美容院のキャッチコピー。
ということは、髪長い方って結構、美容院選ぶんでしょうか。
サイズの大きな店とか、小さな店とかそういう服屋さんもありますしね。

パチンコと携帯。
パチンコは、撃つほうでなく、パチンコ屋のほうで。
パチンコから出てくる人が、携帯をかかえて、電話をしていた。
まあ、一般的に普通の現象。
だが、ちょっと考えてみる、そもそも、パチンコ屋にいくひとが、
忙しそうに携帯に縛られる必要性がない。
というか、暇があるからパチンコをしているのではないか。
単に中毒的、ギャンブルが好きとか、趣味なら話が別だけど。
でも、デザインとして文脈として、パチンコと携帯はアンマッチなイメージ。
ただ、それだけ。

河合塾のコピーから。
どうも学力に限りなし、時間に限りあり。とあったから、
学生とかじゃなくて、社会人向けに、

仕事に限りなし、時間に限りあり。
とかしたらいいかなと。
もっといえば、働き方に限りなし。時間に限りあり。
これがしっくりくる。
そもそも、仕事なんて区切りも、エンドもない。
一生やっていくとか、そういったものは自分で考えていってもらえばいい。

さらにいえば、
社会人一年生とか、二年生とか向けにも、
早く起業することです(勉強を早くはじめる、例えば1年生からとかとあったので)。
そんなことをかぶせてみた。それだけ。


 

今年のイメージ

今年のイメージは明確。
そして、明確なビジョンを立て、そこに行く。

非常にシンプルにとらえたので、それにかかるコスト、リソースは少なくて良い。
例えでいえば、近くのスーパーにいって、リストにある2品を買ってきてと
いわれておつかいにいくか、いやリストでなく、にんじんを買ってきて、と
言っていくようなものだ。それくらいシンプル。

イメージにあったようにやるのみで、
これはあっているかどうかを「検証」することなく、
イメージに合うかどうかを判断できるので、すぐに判断できる。
つまり、判断コストも削減される。
これを直観とどう違うかと感じる人もいるが、
直観とはどちらかというと、イメージにそった判断を言うのではなく、
自分の経験値から経験則的に選ぶ、心理的なメカニズムといった方が
正解ではないかと思ったりする。

判断もさくっとでき、かつそれに近づくように自然に
物事が進んでいく。
このイメージを何度も丁寧にイメトレするように、考えていって、
最終的に今年の目標は、以下の2つ。

1つは、働き方をテーマに動くこと。
これはやっている人もいるが、それで食うとかそういうことは
考えてないのでライバルが少ない。
また、ライバルが少ない上に、自分の動機になるのは、
そういったことで「仕事をつくる」ことに燃えることだ。
人がやらないところに、我が道ありだから。

2つめは、ホームタウンである名古屋の土地以外で、
仕事を作ること。当然、現状でも名古屋の地で十分な仕事が
作られているとは思えない。
それを足元や目の前で出来ないことを外でできるかという考えもある。
でも、将来的にそのようにしていくので、順番が少し狂ったり、
早まったりするだけで、順位付けに深くこだわることもない。
逆にいえば、名古屋でも仕事をもっと作るために、
逆輸入的に外でつくって名古屋でやったほうがいいのではないかなーと
そういうイメージ。

これら2つのイメージを明確に実現できたことが絵としてあって、
その状態は、非常に充実度が高い。
が、おそらくこの状態も達成されたら、次のイメージをセットすることにはなるだろう。
でも、現段階で全くその見通しはないので、次第にイメージをブラッシュアップしていけば
非常に面白いと思う。

その時でも、このブログのマイペース感は壊れることなく。

 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

researcher

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ