ReadMasterの軌跡

面白いことを仕掛ける。仕事を作る。ビジネスを作る。そんな日々から出てくるアウトプット蓄積場。

2005年04月

料理の仕方

親がぼそっといったのをメモ。

料理の仕方で、まずいのは、
レシピなどをみてそれを再現するやるやり方。

別にこれが絶対まずいわけではないが、まずいって味じゃなくて、
効率と費用の話で。

例えば、結構手の込んだ料理を作ろうとして
よし「今日はこのグラタン作ろう」と決める。
そして材料をメモって買いに行く。

しかーし、料理ちゅーもんは、うまくいかない、味がきまらん、
材料が足りないとか、どうも違うぞーというのはある。
というかレシピというのは、再現性がどこまであるか分からん。
料理スキルの問題もあるわけで。

すると、別にどうでもいいけど、作れないとか、
材料がないからやーめたとか、どうもレシピのせいにしてしまうらしい。
なんとなく分かる。


そこで我流というわけではないが、派生型レシピがよいと思う。
例えば、マーボ豆腐を作ったら、次はマーボナスにしてみるか。
するとナスもうまく食えて、野菜も補えるし、料理スキルも豆腐がナスになるだけだが、
そんなに難しくなるわけではない。
ナスの調理方法、保存方法なども学べる。

その延長にあるのが、あるもので作る方法。
いわゆるあまりもの料理。これは全部いためるとかそういうのもありだが、
どちらかというと、代替品という考えがある。

例えば、チャーハンを作るときに、豚肉がなかった。
その場合は、ハムとかウインナーとか、そういうもので代用する。
それもなければ、ちくわとかかまぼこでもいいし、野菜をメインにしてもいい。
なんならシーチキンや鮭ほぐしをいれたり、そこらへんは自分の想像力次第。
そこが魅力。


料理が嫌いな人は、面倒くさい以上にそういう発想とか想像したもので
作れるとか、作ったときの楽しさを知らないんではないかと睨む。
別に料理できなくてもいいけど、料理ができる人間が格好良いと思った。
目指せサバイバーですから、残念!といいつつ、食料自給率は0だ。
ねぎを栽培せねば(笑)


このブログにそのうちレシピカテゴリができるのも時間の問題。
ちなみに、今月作ったのは、
焼きそば、焼きうどん、ラーメン(冷凍もん)、うどん、かけそば、
チャーハン、肉じゃが、スパゲッティ(ソースがレトルト)くらいですかな。
マーボ豆腐(レトルト)なんで、ああハヤシライス(レトルト)もあるか。

レトルトは確かに楽っすけど、やっぱ自分で作る方がうまい。
レトルトだと味が一緒だから、まず調理したい。何か入れるとかね。組み合わせるとか。
あとレトルトは結局高いかもしれないし。んだ。

だからといってレトルトがだめなわけじゃなくて、組み合わせの問題か。
いわゆるバランスの問題。


レシピを公開して、レシピを募集、スキル研鑽ブログってのも楽しいですな。
当たり前かもしれないけど、料理の仕方一つでその人らしさが分かるかもしれんどす。

ちなみにあっしの包丁スキルは、包丁の手入れが分からんレベル。
当然のように、りんごの皮むきがくそ下手くそです。不恰好なあっぽーになる。
ニュートンが見つけたりんごは落ちたのにもっときれいだったかもしんない(座布団2枚?)

休みはいいどすな。

思い出す

仕事に忙殺されていないが、会社ーという環境にいると、
下手をすればの話だが、何か忘れてしまう感覚が少しだけ分かる。

それは昔、植木さんがやってた「サラリーマンは気楽なもんだ。だからやめられない♪」
って歌?懐かしい人、コメントよろしく。ぐふふ。
そういうのがあるくらい、ってそういう時代もあった。

それが今にあてはまるわけじゃないけど、働いていればなんとか食っていけるからね。
そこは良いのかなーと思ったりしたわけですわな。

そこには安定があるけど、何かこう見えないトンネルを歩いているのに、
懐中電灯を持ってないという感覚になるんですな。
うまい表現じゃないっすけど、やっぱ懐中電灯をもって歩きたいんですな。
安全のために懐中電灯がほしいのではなくてね。
前を見たい、周りをみたい。そのために懐中電灯がほしいのです(懐中電灯4回目)

サラリーマンにも色々いるのだろうと思う。
サラリーマンって何かというのはあまり意味がある問いじゃないけど、
面白いことに観念的な、哲学的な?問いがそこにあるのが妙に面白い。

いやね、よく「何で生きているのか」って仕事では役に立たないから、
実学、仕事で活用できるもの?とか。実践的に学ぶものしか(ってそういう意味でいえば、哲学も普通に実学のはずーだけど)いらないって。いう意見あるっしょ。
同時に、使ってないって思ってたものを使うときもあるっしょ。
何を学ぶべきかどーかなんて、やっぱ一瞬一瞬決められないっすわ。

で、それはともかく、そういう「問い」は、なんか意味があるなあと。
一ついえることというか、やっぱりそうだったという感覚かなあ。

視野を広くしなきゃ埋もれるし、協調性がなきゃ睨まれるし(ここでいう協調性とはコミュニケーションのこと・・・かな)、社会性がなきゃ変に思われるし。
そして何かオーラがないとつまんなさそうな人間に思われるし、活き活きとした動きはできないし。

そういうところでめぐりめぐって、自分はこうやって生きているんだーって
いわゆる「足が地についてるって感覚」があるかどうかが肝心なんではないかと。
それは「自信」とかいう言葉でもいいし、「愛伝手手」(アイデンティティね)という言葉でもいいし、そんなの。

そういうのがないと、結局つぶれるような気がする。
つぶれるってのは、己の人生がつまらんと感じる。自分だけが不幸だと思うってところ。

ナポちゃんが、こうすれば成功できるーっていってるけど、
それは誰もが実行できる原則だとか。まあそれは疑わしいのだけど、
でも哲学的にこうすれば土台?みたいなのかな、それこそ子どもが社会性を身につけるーみたいなレベルでの訓練が、普遍的にあるのだと僕は思うからこそ、
基本的なものは大事なのかなと。

自分だけが不幸だと思う人が、幸福になるには?
非常に難しい。そもそも、不幸な人には人が寄ってきても、
自分が不幸だと思っている人には人は寄ってこないからなあ。

自分なら、寄っていかないし。
楽しそうにしている人が好き。別に無理して笑うことじゃなくてね。うふふ。

思い出したように、自己を取り戻す。
絶対に負けないぜ。


やべえ

あーAmazon巻けプレ停止しとらんかった・・・。

恐る恐る。まあ注文きとらんだろーとおもったら、
5件。4月に5件。きとった・・・。

うお。評価が増えとる。おそろしい。
見ると・・・
「商品が届きません。もう二度と買いません」

当たり前だ。。本当に申し訳ない。

あーあほだ。

もちろん、全額返金いたしましたが>注文してくれた方へ。
にしても、今メールがどういうことになっとるのか・・。
恐ろしいな・・・。

メールって便利だけど、一歩間違えると地獄になるやもしれん。汗。

アマゾンって返金処理しないと金返金されないんすか?
当たり前?
結構そういう意味でアマゾン危険じゃないっすか?

いやさ、自分が悪いのは分かるけど、もしふんだくったら。逃げたりさ。
まあそれは住所とかカードとか握られているから無理か。
あほなことは考えないほうがいいんだろうな。

にしても、1評価が2個ついたのは、良い教訓になった(妙に前向き。
いやさ、売れると思ってなかったのに。売れたからさ。

ネット環境復活したら、きっちりメールで謝罪することにしよう。
何を言おうがこっちのミス。

精神的不快はカバーできないが、メールで謝ることはできる。
見つけた本を買った!とおもって、来ないっていう悲しさは
逆の立場になれば分かるので。うわーん。

とにかくふんばれ己。

あーうざ

自HP見に行って、掲示板みたら、
広告が1週おきに書き込みされちょるわ。

うぜー。

しかも、formzつかっちょるし。

なに?拒否したい方はこちらへ?って。

それって、なんか違うなあ。なんだ?この違和感は。

酒がめちゃくちゃ飲めるやつが、「お前も飲め」っていうのと似ているな。
酒が飲めるやつこそ、配慮が必要だろうが!
おっと、暴走しちょる。いかんいかん。

自分がメルアドリストとか、URLリストとか持っている?
それか、適当にぶちこんで、掲示板探してる?
で、広告おいておいて。
不快なら申し訳ない?ってことかな。

まあ、分かる。
確かに起業家なら、最初の仕事をどうすっか。悩む。
でもね、そういう純粋な悩みとかの問題じゃないだろ。これは。

これは、もっとレベルの低い話だ。
リンク貼って稼ぐやつじゃないの?

バイトでポスティングとかあるじゃん。
あれは結構きつそーだけど、利益でんのかね。

DMマーケの典型なのかね。掲示板書き込みも。

1000サイトくらい書き込めばいけるかもしんね。1人くらいね。

でもなーあんた。うちのサイトは誰も見に来てないから、
まず広告したって無駄だし。
もっといえば、管理人はこうして「おこっとる」わけだから、
IP見えるし、やめたほうがいいんじゃないすか(おお、脅し?これって脅し?まてまて)

一週間おきにくるなんて、なんかやらしい。
人間臭い。マークしたやつを徹底的に攻撃するみたいなやらしさ。
あんたはアメリカか(お、国際問題か)

ねちねちしたやつは嫌われやすいんだよ。
ねちねちしたやつが好きってのは、そいつがねちねちしてんだよ。
もうねちねちすんのはやめようぜ(笑)

そのうち掲示板に広告しこんだら、PCが閉じるような、
JAVAアプレットしこむべ(というか、確か無理ですよ。できたらやばい)。
しかし、バグを利用すればー。とハッカー気取り。

肉じゃがに破れる

3f1448ac.jpg


料理スキルを少しずつ上げてきて、そろそろいけるかと肉じゃがに挑戦。

結果は惨敗(笑)人がもし作ったもんなら食べない程度のものが出来上がる(笑)

敗因を分析。火加減が弱すぎたことと、しらたきを入れすぎたこと。多分火がまずかった。

じゃがいもがくずれてないし、にんじんはやや生くさい(笑)

久しぶりに牛肉食べたけど、豚さんのほうが肉じゃがには合うかもと思ったり。牛さんお高いですものね。

一度焼きそば自分で作ったら、インスタント焼きそばとか食べたくなくなる(笑)

チャーハンにも挑戦したけど、一度目はチャーハンではなく、二度目は味が薄い。改善点は油を肉やネギやにんじんなどの野菜を炒めた後に油をもう一度ひいて飯と卵をぶちこむこと。油がたりてないからパラり感が足りないと見る。あと味が薄いのは醤油をさっと入れてないからみたい。

たかがチャーハン、されどチャーハン。うまいチャーハンを作るのが夢(笑)わいのチャーハンで世界変えたるわ(まて)

みすたあひろひろっ子がゆく。

チャーハンだけが人生さ。チャーハンに嵐の例えをすることもない(笑)

朝飯に適した?レシピ募集中どすどすこいどす。

苦しいこと・つらいこと

を、楽しくする方法をご紹介。
って、これ自己啓発っぽいけど。どんまい。

まず、思いついたのが2つ。他は賢明なる読者で開拓してくだされ。

ひとーつ。
客観分析でごじゃる。

自分が何で苦しいのか。痛いのか。つらいのか。
こうだからじゃないの?やつが悪いかもしれんー。ううーん、そうでもないかな。
とか、いろいろ考える。
そうしていくと、視界が結構はっきりして、自分の苦しい理由が分かる。
って、これは何にでも言えることかな。

ふたーつ。
終わった後の爽快感を考える。

これって一種のマゾ的なものかもしれないけど、
苦労した後の達成感を知っている人って強いよねー。って思うわけで。
その場合、苦労の蓄積が達成の瞬間に、快感になるので、
一生?苦労はたまらないってスンポーになる。素敵よね。
僕もこれに似ているかもー。ストレスを貯めないよりも、うまく消化する方法を考えたほうが
素敵よね。

一応おまけで、
みーつ。
気合。

ひたすら気合で耐え抜く笑い
多分、きっついんだろうけど、なんとかなるときもあるようです。


以上つらつら書いとりますが、肝心なのは、
嫌なことから逃げられるっていう考えは「ちっと」ばかし甘いってことかな。
それがあるのは現実だから、じゃあとりあえずその場でとどまって、
「ふんばって」やるぜーって。そういう考えでいいんじゃないかなーと。

同時にどうでもいいことが、嫌なことだから、こだわりたくないけど
それがこだわりになるってのもあるから。ほんとー難しいところだけど。
なんとかなるさー。

ふんばって、楽しく学ぶとか、面白いーって思うところを探すとか。
とにかく、「向こう」から楽しさを提供してくれるっていう考えは、
よしたほうが良いかなって感じる。自分は思ってないからいいけど。
こちらから「探す」感覚。俗に言えば、主体性のある生き方っちゅーもんですかね。
そうすれば、ぐっと現実が楽しくなるー。そこを消化、咀嚼しないと、
なんか「見えない」不安だらけなんだろうなー。

フレッシュピープルふんばれーラブ

何が正しいのか

そう。自分しか正しくない。
正確にいえば、おかしいけど。まあそうなんだろう。

営業は結果のみが求められると聞くし、そうらしい。
が、その過程は認められないのだろうか。努力したものは意味がないのだろうか。
切り離して考えてもいいけど、どうもそうしても明確な答えにはならないー。残念!

結果のみではなく、過程重視でもなくて、自分に合ったやり方があればいいんだと思う。
しかし、残業の考え方、コミュニケーションとして対人距離感の違い、
仕事に対する考え方は、自分のものだし、自分の考えで動きたいあるね。

会社に忙殺・・・されることはあるんだろうと思う。
しかーし、いったいそれは自己スキルのせいなのか、そもそも仕事量が自分、いや
もともと無理な予定なのか、分からない。というかまだ見えないだけ。

1年は下積みとして、いろいろ目をつぶり、何も言わない(予定)だけれど、
分かった瞬間暴れるという、まさにテロ的新入社員ドキドキ大

平日の仕事をこなし、週末を楽しみにする。それはよいと思う。
仕事をもっと楽しめるほど仕事らしい?ものはさせてもらってないが、
新米が何を言おうと分からないから。まだ我慢。

マナーや会社のルールという土台を知ったら、
がんがん勝負したいし、そのフィールドで勝ってみせる。

スポーツでもそうだろうけど、負けるより勝ちがいい。
変な言葉の「勝ち組」「負け組」はどうでもいいとして、
やはり自分のやりたいことをやっていくことが、自分にとって幸せだし、楽しいと
再確認できたー。気がする。

チャリでちょっと遠乗りしたいなー。

あー

なんか、就職活動してたときにブログ書いてて、
そのまま会社員等になって、ブログ続けている人って、
少ないんだろうなと予想。

メジャーになればなるほど、挫折者は多くなるという、hirohiroの法則(まて
からいけば、ブログはそうだろうなー。

期間がまあ色々あるけど、最低半年、だいたい1年くらい続けることになる。
そこまで続くというのは、やはり「ブログ」が楽しめられるか、
楽しめている人しか続かないんだろうと予想。

以前ここにぶちまけた、社会人体験日記じゃないけれど、
それは作りたいから、いわゆる学生と会社の求めるところでの「ギャップ」って
何か気になってしょうがない。

マナーや敬語等は、完璧に使える人は、まあいないんで、
それはおいておいて(適当に使えということでもある(笑))、
ギャップに関しては、自己の考えが問われるので問題だなーと。

ごく当たり前田のクラッカー的なことですけど、
やっぱ何がしたいかっていう目標がないと、埋もれますねえ。
埋もれるというか、先が見えないといったほうがいいんでしょうかね。
先が見えないとなんで自分がこんなことしているか分からない。
分からないから、モチベーションが低くなる。低いと作業能率も悪くなる。

お気に入りにいれているブロガーは、普通に更新されているけど、
アンテナを張り巡らしておかないと、多くのブログは見つからないんだろうなあ。



埋もれる

推測するに、この一ヶ月でだいたい落ち着いて、動ける気がする。いや、そうする。
悲しいことではないけど、話を聞いたりすると、大体どんな人でどんなスタイルで
人生を送っているかが「仕事」から垣間見える…。

そこでは昨日もいったような、「一瞬一瞬」の動きがその人の姿に反映されていて、
非常に勉強になる。

会社の中で「仕事」をこなして、別の同じ職場ではなくてもいいだろうし、そうであってもいいし、
生きていく。そこには同じようで、微妙に違う毎日がある。。。
けれど、一週間で土日休みでも、ほぼ7割近く、うーん6割かな。会社で仕事をすることになる。
埋もれるとは、会社の中で完結してしまって、それ以外で別のことをするパワーがないということ。
僕はそうなりたくないし、そうするつもりはない。

もちろん、埋もれた…ら、それで仕事が常にあって食べていけるーというわけではないということは、上司から何度も聞いている。
つまり、常に切磋琢磨、学びは必要だということ。
誰かがいってたなああ。
「社会に出たら勉強なんか必要ないと思ってたけど、ところがどっこい、社会にでたらますます勉強しなきゃやっていけない。分からないことばかりだから。そうしないと仕事ができない。だから一生勉強だね」
と。

なるほどーそのとおりだと思う。
僕にとって、会社員生活は一つの岐路にすぎないけれど、
最初の計画とおり、学ぶべきことがむちゃくちゃ多いと思う。

あらゆることを肥やしにするのがモットー。
マイナス的な面が会社にあれば、それをプラスにして自分で使う。
プラス的な面があれば、それを盗む。
完璧だ・・・。

あにょはせよ

元気です、hirohiroです。

やっとこさブログを。といいつつ、まだ住処にはネットがきとりません。
ネットカフェは近くにありますけど、行くの面倒です(まて

新生活はなかなか楽しいです、とくに料理。

自炊にもいろいろありますが、まだ材料買って一からつくるなんてことはしとりません。
というか、できません。ぐは。

まーぼどーふ、すぱげってぃ、は作りました。
朝は食パン焼いて適当に食ってます。
昼は、まだ同期と適当にコンビニや店で食べてます。
夜は基本的に住処で。今日は同期と軽く飲みつつ楽しい一時を。
飲み会は嫌いといいつつ、軽く飲むのは大好きだったりします。
やっぱ馬鹿は嫌いですな。(え

飯はまとめて炊いて、冷凍しておいて、解凍してくってます。
結構うまいです。というか、毎回炊くの面倒です。こもれび氏には脱帽。

次はハヤシライスとかカレーとか。
あー焼きそばとかも作りたいですな。

料理は楽しい、思いますですますです。
並行処理を学べますね。起業に必要なスキルだと認定。認定しても価値ないっすけど笑顔

友人は、明日も仕事ーみたいなこといってましたが、まだ土日休みどす。

残業や休日出勤などについては、基本的にしたくありません。
それは社会人として、いやリーマン的にはどうかとか、いう人もいるでしょう。
しかーし、それは真っ向から対抗させていただきましょう。

左バーにもありますけど、残業についての考え方は、基本的にしないが正解だと思っています。
もちろん、仕方がないものもあるでしょうが。
パレートの法則的にいえば、残業の80%のうち、必要な残業は残りの20%しかないとか(笑

残業手当がつくからラッキーというのもあるんでしょうけど、
時間は・・・金では買えません。金で時間を節約することはできますが。

あと会社内で色々な付合い・・・例えば、スポーツとか、趣味とか、飲みとか。
そういうのは極力しない方針です。あー飲み会はちょっと別かな。
人脈を広げる・・・いいでしょう。でも、社内だけに力を割きすぎるのも、嫌だなと思うので。

考えてみてください。
たかが、1日から休日入れて、一週間です。その一週間だけですけど、
平日はすべて会社です。しかも、朝から夜が基本です。
つか、休憩は適宜取っていいのか、分かりづれーよ、こらー(まて
ま、それはともかく、シミュレーションすると(シュミレートでもいいだろーが!まて!)、
朝起きて、出勤まで。昼休み。夜帰ってからの時間くらいしかありません。
いや、そんなにもあるというべきかな。

ここで重要なのは、休日でしょうが、そういった時間は基本的には「自由」です。
自由?ということは、いくらでもコントロールできるし、しない人は適当に使うんでしょう。
多くの人、いや別に否定や批判からいかなくてもいいのでしょうが、
少なくとも僕には、会社で仕事して、あっという間に時間が過ぎて、休日はゆっくりする。
なんてことはできなさそうです。

僕は起業したいんです・・・・。はっきりいって、時間があるじゃんとはまったく思ってません。
むしろ、会社という組織に埋もれていく。そして会社色に染まるのを一番僕は恐れるのです。
会社員とは、会社男と書くと安部氏「箱男」みたいな感じでぴたっとくるのですけど、だめですか?

自分はこういう生き方をしたい。こういうことをしてみたい。
じゃあやろうよ。今やれないなら、何が必要か考えてみようよ。
で、少しでも近づいていこうよ。そんなところですな。

夢や目標がなければ、つまらない人生はデフォルトでやってきそうな気配を感じました。
仕事は楽しむべきですし、楽しむ工夫はすべきかなと思いました。

あと、先輩社員は色々いますけど、ピンキリでしょう。
「最初の1年で決まる」とかいってた人が多いですけど、
それはかなりそうだなーと思っています。それくらい、日々何を感じ、何をして、
何をしようとしているか。日々ではなくて、一瞬一瞬といってもいいでしょうか。
そこが大事だと。再確認できております。
というわけで、いわゆる「ギャップ」があって、会社を辞めたいとか、そういうことは多分ないでしょう。

ミスとか失敗はすでに発生しとりますけど、先輩も人間です。
後輩のミスをニッコリ受け入れる余裕のない人は多分器は小さいですので、ほかってみましょう。
器がでかい人には、本当に申し訳なく思うように感じます。うむ。
昨日のミスは今日の成功、という変なノリでがんばりましょう。

さて、お気に入りブログを巡回せねば。

こもれび氏がなんかいっちょりますな。
三菱ねえ。一回信頼失った会社はどうなるかか・・・。
うーん、どうなんでしょうね。人それぞれですよね。
雪印がとんでもねーことしたといっても、あっしは買うべーという人もいますですしね。
僕は雪ちゃんはパスで。三菱はんー無視で(笑

とりあえず、そんなところで。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

researcher

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ