ReadMasterの軌跡

面白いことを仕掛ける。仕事を作る。ビジネスを作る。そんな日々から出てくるアウトプット蓄積場。

2004年10月

10ヶ月目

ブログはじめて10ヶ月経ちました。
感慨にふけってる場合じゃないですが、多分めちゃくちゃやること多い気がします。
全部やろうとするとおじいちゃんになるので、とにかくやりたいことやってきます。

変わったことといえば、起業に対する認識でしょうか。
もっと現実的にとらえていくこと。そして、常に考えること(これはビジネスだけじゃないですが)が核となってきました。これもブログのおかげかしら。

頑張れ自分拍手

ゲーム会

久しぶりにゲーム会へ参加してみた。就活物語を渡しつつ。

202は2回目だったけど、やはり株は面白いなあと思う。オプション取引も疑似的に体験。
でも、やはりビジネスだろう。び・じ・ね・す(笑)

因果律の話をしていた方、まあSさんとしておこう。
なんでも因果関係があるってのはどうかと思う。

それって努力すれば必ず報われるっていうことも言えるんだろうし、
悪い事があれば必ずその原因があったっていうわけだろう。
子どもが事故で死んだというのも、その子どもが悪いことでもしたのかと言い切れる人は僕は知らない。

世の中って単純に法則で成り立っているなんていってもいいし、それを信じるのはどうでもいい。僕も信じているキライがある。
だけど、それを全部当てはめるのもなんだか窮屈だと思う。

偶然なんてないとは僕は思うけど、なんか捉え方が違う。
今こうしている今の状態を認めて、自分はこうだからこうなったと言い切れる自信があると
いう人間も僕は知らない。むしろSさんは、それを言い切れる自信はないと思う。

話せばごまかせない。いくら見栄をはっても、だめだと思う。
僕が年下ということを言っても、結局意味がない。そういうところに疎いのでは、
因果律とか原因結果法則をいくらいってもはっきりいって、「術を使いこなせなくて死ぬ術者」(笑)と一緒だと思う。

そういうことだと思う。見習いの魔法使いはやはり見習いだと思う。
師のやっていることをいきなりやれば、大火傷するはずだ。

もっといってしまおう。
現実が見えてない気もする。自分の考えを話す人は好きだが、
そうなっているといわれても、ただそれはアンタの意見で、もっと世界は広いのでは?と
常にクエスチョンが残る。

世の中は広いという感覚を持っている人間は、圧倒的に謙虚だと思う。
そんな小事で奢ったりしない。何を見ているか。話せば分かる。

このブログも同様だと思う。
嘘をついても意味がないし、何をいっても、僕が成長しなければ
全くこのブログは面白くない。と自分は思っている。

さあ、頭痛いので、風邪薬飲んで寝よう。
夢は白黒で。現実はカラー。そんなことはどうでもいい(え?

面白いブログ

どこかのブログで紹介されていて、やべーと思って見たら、めちゃくちゃ面白い。
起業興味ない人は「つまらんわ」というかもしれません。

ジャスダック上場までの軌跡 <<日本?上海編>>
http://mlos.jugem.jp/

(こばやしさんのところでコメントされてますね・・今まで気づかなかった・・・(^^;)

最近知ったのでバックナンバーをざーと読みました。
すごーくためになったのは、以下のエントリです。
「信念を貫く1」
http://mlos.jugem.jp/?eid=42


このエントリは3まで続きます。つまりあと2つエントリありますので、
ぜひぜひ読んでみてください。

僕が思ったのは、やはり「自分」だなと。そういうことです。
自分がどう思われようとやるならやれと。別に悪いことしようとおもってするわけじゃないわけですしね。普通は。

周りがこういうから、やらないというのも一つの選択ですけど、
周りが反対するから、やるというのも選択だと思っています。

あと、参考になったのは、サラリーマンという人の意見はあまり参考にならないということです(^^;
別に全員がそうなんていいませんし、思ってません。
ただ世の中には「素敵な人」が少ないものなんだと、優性思想とかでもなくて、
そう思います。経験的にも(笑)

だから身の回りの友人を大切にせんといかんなとも思います。別に大切にしてないわけじゃないですよ。moreってやつですね。moremore。

今後もMLOSさんのブログを読んでいきたいです。
ああ、ハッピーな日です。

問題意識x時間=成長

まあ、そういうことですよ。

D51さんのコメントにもありますが、
結局「意識」しないと、何事もはじまらないのではないかと。
そして、時間が経つのは、時間そのものが観念的とかおいておいて、ただ経つだけで、
意識しなければ何もはじまらんのではと。そういうことを、今日思いました。

人生まあ、100年もないわけですよ。
ローマ人の物語がめちゃくちゃ面白いのは、王政のローマで、その王ごとに
こういうことをやる。といって結局、現代からみれば土地を豊かにした王とか、
そういうふうにくくれるんですが、王としてそういう役目をはたしたのは、
その当時でも変わらないわけですよね。(何いってんだろ

要は、同じ時間でも、人によって「時間の流れ」も「時間の早さ」も「時間の質」も
全部違うと思うんです。ある人にとって、早いくらいでも、ある人にとっては遅いかもしれないですし。

そういうことを考えると、やりたいことをさっさとやってしまって、次のことをやるほうが
健康的、いや人間らしいなとすら思うわけです。
自分の生きかたを美化するわけでもないですが(一部美化してますが)、
きっちり考えてそういう道を選んだのだからということで、僕は人に説得力をその人に常に求めているわけです。というか、説得力がない話だと、「それで?」ってなりますよ。
話としても、深みがないから面白くない。

そんなことを思いました。
ローマ人続き読みたい・・・。

あしながの罠

名古屋駅いたら、あしなが募金してました。
とりあえず、別に募金が悪いなんていいません。って、募金してないけど。

パンフレットみたいなのを学生からもらいました。ほう。
電車で帰り読んでました。

これをみると、遺児(つまり、働き手の親がなくなった・・母子家庭といわれますが、その子どもですね)が、進学できないから、就職できないみたいなことが。

で、学生寮として「あしなが心塾」というのを九億円で作るそうです。今3億貯まったと。

まあ、まあ落ちつけと。何が?
大学に進学したいという人気持ちは分かりますよ。
ここには、高卒では就職できない!なんて過激なこと書いてあります。
それは言いすぎかなあと。

なんか、高卒がダメで、大卒ならいい。
大卒には、お金がいる。だから金くれと。そういう意図を感じます。

おっと、別に僕は募金とか、あしながさんがダメだとは思いませんよ。
僕も育英会から奨学金もらってますからね。返しますよ。ビタ一文間違えず(笑)

そういう意味で、奨学金は良いですよね。

でも、この学生寮ってどうなのかなあと。それが「あしなが心塾」ってやつです。
結構な東京のエリアにつくって、そっから都内の大学にいけるそうです
2006年1月に完成だそうです。東京の人なら知ってるのかな。

百草園(もぐさえん)というところで、新宿まで京王線で30分だそうです。
まあ、それがどうだって感じですけどね。


僕が思うに、募金って結局募金する人が善意でやるわけだと思っています。
だって、それがどう使われているか調べる人がそんなに多いと思えないので。

僕もあしながではないですが、奨学金もらっている身分なのでなんともいえませんが、
なんか違和感を感じただけです。

遺児の進学は高校くらいまでで終わりなんじゃないかなあと。
実際に僕が大学行ったのは、奨学金を当てにして行ったってこともあるんです。
大きな声ではいえないですが、決して裕福じゃないですよねえ。家は。
中流意識なんぞ全くないし。そんな感じですよね。

で、環境のせいにするのもまたどうかなと思うわけですよ。
うちは経済的に御金がないから、進学できない。遺児(なんかこの言葉語感がよくないです・ね)を助けろってことですよね。

遺児で集まってビジネスやるとか。そういう発想はダメなんですかね。

めちゃくちゃな指摘かもしれませんが、
34年間の募金実績が74億ちょっとだそうです。(パンフレットに書いてある)
で、参加ボランティアが180万人(これも34年間で、でしょうか)
遺児6万5千人の進学の原動力ともあります。

もう一度いいましょう。募金が悪いわけじゃない。あしながも悪くない。
ただこの上の数字で考えると、

まあ35年として70億くらいとしたら、1年で2億ですよね。平均ですよ。標準偏差とか無視です(つまり、ばらつきを無視する)。

で、参加ボランティア180万人。これも、まあ35で割りましょう。すると、1年で5万人くらいですよね。

もちろん、災害とか色々あるので、その都度大きくお金が必要だった年は、ボランティアも増えるんだろうと思いますが、上と同様無視します。平均5万人。1年で。ボラする。

で、遺児が6万5千。

「1年間で平均5万人がボラして、2億ゲットする」わけです。ゲットっていう言葉は悪いですが、まあ集めるわけです。

「ほう」と思うでしょう。
でも、なんで「ボラ」して「募金」する必要があるのか。
ちょっと考えてしまうんです。いや、正確には良く分からないのです。

5万人が5000円だすと、25万x1000=2億5千万となります。
ここで僕が言いたいことが分かったら、友達です(まて

つまり、募金などせず5万人がバイトして、5000円を寄付すればいいと。

おっと、過激ですか?
いやあ、そりゃあ、募金で集めるのは高校生とか中学生とか多いのでしょうし、
アルバイトできないからそうしているとか・・・まあめちゃくちゃ色んな意見があるんだと
思うんです。

もちろん、募金してくれる人は募金すればいいわけですよ。大人とかね。学生でも。

ボランティアではなくて、5万人の人間が、1人5000円。結構なお金ですけど。
でも、社会人。大卒新卒でまあ手取り15万から、1割ではなく、その1/3.つまり、
手取りの3%を消費税じゃなくて、あしながに寄付する仕組みを作ればいいわけですよ。(何がいいんだろうか。

まあ、全労働者の5万人で、しかも手取りの3%って。消費税より安いわけですが。
それで、この募金?ボランティアの活動を全くなくすこともできるわけですね。
街頭で募金することで、認知度や興味を持ってもらうっていう効果は無視してます。
他にもあるんでしょうが。

そんなことを思ったんです。リサイクル社会じゃないですが、循環社会。
持続可能な社会。とか言われてますね。

極端なことをいえば、ボラする暇があれば、働いてそれで募金すればってことです。
これ、ボランティアやってる人全員を敵に回す発言ですけど、
募金のボランティアについては、確実に僕のようなことを思う人間がいるはずです(なぜか断定。実際に僕が思ったのですから(説得力0))

まあ、募金だからいいとか。そういうのはないんですよね。
自分で考えて、良さそうだから募金する。それだけですよね。

で、今回僕が募金しないのは、そういう意味で、です。
なんか募金しないために、正当化しているようですが、そんなこともないです。
ただこの疑問が解けないなあと。

もちろん、遺児は大学へ行くななんていってませんよ。
募金じゃない方法とか、遺児も募金以外で何かできないか、経済的理由はそりゃ一番つらいんでしょうけど。

お金じゃないといいつつ、お金である。
なんだかそういうところを考え出すと、やはりお金は大切だと思いますよ。

傲慢なのかなあ。今度友人に聞いてみよう。

全ては空回る

久しぶりにスーツ着ました。
そういえば、この時期に去年も着たんだよなあって(なんだか靴が痛い(笑))

顔合わせ的に内定先へ。
ぶっちゃけ、会社のことは書かないつもりですが、そのまあ得た普遍的知識なんかは
書く予定です。って、このブログ、4月からどうなるかさっぱり見えないけど・・。

1人は就活中に会った人で(メールくれなかったな・・・(笑))、
3人ほどお初な人(チャット風)と話してみました。

まあ、まあ。こんなところでしょう(意味深

同期の皆と話してないので、今後話すのが楽しみマンモスですね。

4.ローマ人の物語 (1) 塩野 七生

久しぶりのこのカテゴリ更新。

やっとこさ、ローマ人の物語読めた。
はっきいってめちゃくちゃ面白い。

おそらく引用しても面白さは伝えられないので本書に譲りたい(偉そう

でも、1つだけ1つだけ紹介。
p.76
人間の行動原則の正し手を、
 宗教に求めたユダヤ人。
 哲学に求めたギリシア人。
 法律に求めたローマ人。
この一事だけでも、これらの三民族の特質が浮かびあがってくるぐらいである。
で、僕が哲学好きなのは、おそらくギリシア人だからだろうと思った。
ついに壊れたとか言わないように。おそらく哲学に答えを求める人多いんじゃないかと。
勝手に思ってます。でも、哲学に別に答えがあるわけじゃないですよね・・・
この場合は「行動原則」であるので、全然問題ないのですが、僕にとっては行動原則は哲学ですかね。

哲学者の名前とかさっぱりぴーまんですが、大岡昌平「野火」はブックオフに8冊も文庫あるくらいですが、必読の書ですよね・・・オホホ

ところで、このカテゴリ先行き怪しいですなあ・・・。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

新潮社
2002-05
売り上げランキング 923

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫
ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 新潮文庫
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫
ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)新潮文庫
ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)ローマ人の物語8

異空間

人の話をそばで盗み聞きするのは楽しい。ああ、これで僕も変態。

右後ろでは、男2、3人で、「ゲイ」の話をしていたし、
横では、OL風の女性二人が「会社のこと」はなしてたし、
ちょっと前には左ちょっとむこうでは、おばさんが「パートの仕事の人間関係」について話してたし・・・。

なんだかめちゃくちゃ。
心理学でカクテルパーティー効果だったかな、そんなのがある。
それを思い出す。本を読んで集中すると会話は雑音というか、心地よいメロディーとなる。

このカフェは、いつもお金を「両手」で受け取ってくれる。
別のカフェは、「料金頂きますトレイ」がある(笑)
コンビニではカウンターの上に直におく。

ブックオフはカウンターにいくと「いらっしゃいませ、カードはありますか、カードお返しします」といって、会計終わると「お売り頂ける本があればお持ちください」というけど、
その前に袋をもって去るパターンが僕には多い。どうも、言わされている感がある。
もっと短くしてほしい。もう聞き飽きた。というか、会員カードでどれくらい買ってるかで、顧客情報掴んで欲しい。そんなことしないのかな。

あと、お客サンがいない時間帯だとバイトの話がすぐそばで聞ける。
あれはどうかと思った。所詮バイト、されどバイト。
そういう意味でいうと、ある本屋では入口から少し入ったところで、
英会話だの資格だのの勧誘っぽいことをしてる。はっきりいってうっとうしい。

本屋がやってるというより、場所を貸しているのだと思う。
おそらくバイトがやってるのかな。それにしても、何か老舗(!)のブランドを
落している気がした。お客の立場になれば、本屋だろうがどこだろうが、
全て「おかいば」となる。横で本みてたら、2mくらいの距離で、ずっと連呼が聞こえる。うっとうしい。
そして、そのバイトのそばにある本を見たいが、勧誘してくるので見づらい。
ダメだ。おかいばじゃない、売り場だ。

そろそろこの本屋も売り場からおかいばにせねば、まずいと思うのだけど。
さあガイアの夜明けをみた、店員、店長、マネージャーはどれくらいここにはいるのか。
それを試される時が来たのでは?

方向転換

ブログに割く時間を少なくする。
昨日くらいの独り言でそうつぶやいた。

本をもっと読みたいし、卒論も進めたいから。
ちなみに、卒論のテーマで関連する本は読むけど、
それよりも核となるもの、発見はもっと別のものにある気がする。

僕は数学は苦手だけど、哲学的な意味で数学にとても惹かれている。
なぜか分からない。ただ近いうちに、数学の本を読んでいそうでコワイ。(笑)

友人がとアウトプットがインプットしてないから追いつかないとか、
インプットしてもそれを消化できていないからアウトプットできない・・・というようなことを
以前聞いたけど、今の自分がそれに当たる。

学ぶことが多すぎておそらく全部はブログでアウトプットできないのが、今の心境だ。
今後もますます学びまくる。そしてブログの時間は削る。
よって、ここに載る情報はまあ5割も自分の思ったことがかければいいのではないかと思う。

自分が輝く7つの発想 佐々木 かをり (著)

おお。面白い。いいですね。
今回は箇条書きで、出し惜しみ。

・目標とビジョンの違い
・アメリカの女性起業家セミナーはあきらめることの重要性を教えている。
・子どもが産まれると、仕事を減らすのではなく、子どもを誰かに任せてまで仕事をしているのだから、それくらい仕事に価値がある。だからますます頑張る・・・(すげ・・・)
・タイムマネジメントの重要性
・通訳は言葉を置きかえるだけじゃない。話し手の意図を理解する必要がある。
・「?するべき」とか「?ねばならない」は語感として、強制とか人にやらせられる感がある。そうではなくて、「?する」「?している」と形を変えると全然違う。(納得)
・人の気(エネルギー?)で人が分かってしまう(うんうん)

こんなところです。箇条書きでも大分詰ってますね。
これ500円安いですね。

自分が輝く7つの発想―ギブ&テイクからギブ&ギブンへ
佐々木 かをり

光文社
2001-12
売り上げランキング 1,813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
大事なことを思いどおりに伝える会話術
ミリオネーゼの仕事術〈入門〉―8ケタ稼ぐ女性が実践している4つのビジネススキル
ギブ&ギブンの発想―自分が動く、世界が変わる
ミリオネーゼになりませんか?―8ケタ稼ぐ女性に学ぶ7つのビジネスルール

僕が15で社長になった理由(わけ) 家本 賢太郎 (著)

面白かったです。

講演で、会社がやばいときがあるとボソッと聞いたのですが
多分そのうち2回くらいは本に書かれていたなと思っておもわず(?ー?)ニヤリッ

僕がこの本で学んだのは、
「やっぱ体験とか経験とか思ったことで、説得力がすげえな」ってことです。
何言ってるか分からんですな。

支援とかってそうだと思うのです。相手の立場に立たない支援って支援じゃないはず。
それを僕はやろうとしていたり、そうしているように見える人をとりあえず「偽善者」と呼びます。
しかし、偽善者だろうと偽悪者だろうと悪人だろうと善人だろうと、行為をしているということで、
僕の遥か上にいるわけです・・・。なんか自分がボロ雑巾にみえます(笑)

つまり、説得力があるというのは裏を返せば、芯があり、核があり、ぶれない。
逆境に強い、素敵というわけです。

目の前のことも大事ですが、目の前にないことも大事ですよね。
焦るのと急ぐのは違うし、本当、自分次第ですよね。
人に何を言われようがやるというのも一興、人から言われてそれを参考にするのも一興でござい。

日本は未成年だと会社の登記は親の許可いるんですってね。なんとも狭い国よのう(笑)

僕が15で社長になった理由(わけ)
家本 賢太郎

ソフトバンクパブリッシング
2001-12
売り上げランキング 13,608

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
孫正義の10年後発想―孫正義のIT革命の読み方
ジャパニーズ・ドリーム―26歳上場企業社長のe革名宣言!
儲けのDNAが教える“超”競争戦略―市場制覇の新法則
あなたが会社の利益を殺す犯人だ!?―明日から実践!「プラス・マーケティング」で儲けるノウハウ

考察を考察

なるほど。検索キーワードで色々なものでこのブログも読まれてるのですね。
それは面白いとして、あまり関係のないことが多いかもしれませんね。

一番良いのは、考えとか知りたいなで、考察カテゴリに検索ヒットして、
それで考察ページをみることですか。例えば。
そうじゃないのに、考察カテゴリにひっかかっても意味ないですからね。その人にとっては。

あるキーワードでGoogleでトップになるのってマイナー単語?でも気持ち良いですね。

マンモスうれぴー。月

まだまだっていってたら

・・・いつまで経っても何もできない。
って、ことをある友人にいったことがあります。

で、それは思いっきり自分に返ってきてるわけで(笑)
まだまだまだ(笑)

過去の自分も反面教師にする。まさに現在を生きる人間(^^;

起業戦争の極意―ユダヤの商法  藤田田(著)

初めて、藤田氏の本を読みました。
なかなか面白かったです。MTB集団とかいいですね。
ちなみに、マウンテンバイクじゃないですよ。(笑)

2点あります。

p.18
 そのことは、89年に生まれたこの125万人の子供たちが幼稚園に入る4年後以降の状況を予測してみれば、一目瞭然である。
 まず、72年の209万人の子供を前提として存在する現在の幼稚園の40パーセントは゛空家゛になるだろうし、この子供たちが大学に進学する18年後の2007年になると、大学は無試験ということになるだろう。
これさらっと読んだ時に、冷や汗が走りました。この本は1991年出版ですよねえ・・・
大学が無試験になることはまだ分かりませんが、おそらく全入時代といわれているのは、それとほとんど同じかと思いました。

要は、子供の数を年代で比較していけば、今ある幼稚園とかが過剰になるってことですね。
で、大学もそうなる。少子化の影響ですね。
一方逆として、高齢者が関係するものは増えるわけです。だからシニアマーケットとか騒いでるんですね(そうなの?

こういうふうに統計資料をみるコツとかって、どこで学ぶのか・・・めちゃくちゃ疑問です。
自分で勉強するのでしょうが、こういう分析の仕方って他にもありまくり・・・では?
なんだか、ちょっと得した気分です。

p.43では「12歳の味は一生ついて回る」と書かれてます。
あ、これは要はハンバーガー(マクドナルドですね)を子どもの時から食べてないと、
なんだハンバーガーか、みたいなことになって、ハンバーガーを食べてもらえないという雰囲気の話です(笑)

あと、これは結構色んなブログで見るのですが、「デス・オブ・デン・フジタ」というのです。
これは、藤田田という人間が死んだら契約は終わりということです。
つまり、それくらい藤田氏という人間をかっているわけですね。すげー。
僕も「おみゃーがおらんと困ってしまうで、たのむわほんま」といってもらえる人間を目指します。

この本は、藤田氏のマクドナルドの話や、といざらすや、あとブロックバスターの話とか。
あと藤田氏の意見とかが主ですね。あまり「ユダヤの商法」というものは何か、というのが分からなかったです。おそらく一番最初の(この本は4作目?)やつ読まないとダメなのかもしれませんが、本自体面白かったです。

起業戦争の極意―ユダヤの商法

藤田 田

ベストセラーズ
1991-04
売り上げランキング 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

雇われないで生きよう!  著:高城 幸司

元アントレ編集長の方の本。

最初にリクルートの話が出てきて興味深く読めた。
気になったところ1つ紹介。

p.138「まずは自分の給料分以上は働け」
 ベーシックな話でいいますと、自分の給料分の仕事をきちんとしているか、ということを自分に問いかけてみることです。自分の給料分以上に働いていない人が次のステップに踏み出そうと考えてもまず無理です。
自分が給料泥棒になっていないか、給料に見合った仕事をしているかどうかを振り返ってみて、給料以下の仕事しかしてなければ、しばらくはいまの仕事に打ち込んでみることが必要でしょう。
前読んだ本で、確か経営者として考えれば、月給の3倍の売り上げがないと元が取れてないと・・・。あれは人件費を大雑把に計算したやつかな。まあ忘れちゃった

これも結局は一緒のことだと思います。そりゃ会社で働いて、自分が給料以上稼いでなきゃただの給料泥棒ですよね。なんかここらへんって、自分で仕事を消化できるかどうか、お金を稼げるかどうか。。。サラリーマンとか全然関係ないですよね。1人の働く人として、それを問われている気がします。

これも前読んだ本で、確か「職場の雰囲気が合わない」とか「上司が嫌」とか「今の仕事がつらい」とか。まあ否定的なこととかあるんでしょうけど、そういうので転職とか独立とかするとたいてい失敗するそうですね。って書いてありました。
おそらく「俺はこんなんじゃないんだ」っていう不満とか欲求とかあるんだと思います。
それは大切なのですが、それ以上に「こうしたい」「ああした」といういわゆるビジョンですよね・・・
それが大事なんだと思います。おそらく失敗する人は、そういうものをおろそかにして、目の前のことに捕らわれ、ここから変わればきっとばら色!とまではいかなくても、良い風にすすむんだろうというなんていえばいいんだろう・・・うーんと、GoodLuckでいえば、幸せは向こうからうやってくる的な考えなんだと思います。

だからどこへいこうが、何をしようが変わらないと。本質的なところで間違っているのかもしれません。
と、僕もそうならないようにしたいです。といいつつ、罠にはまっている人もいますからね。(え、僕ですか(涙))

自分の給料分以上働き、かつ自分のコントロール、自分のビジョン、やりたいことが明確になってきたら、いよいよ会社とはサヨウナラです。おそらくすごく円満退社になる気がします。
僕は基本的にやさしい人間だそうで、人に嫌われるって分からないんですよ(嘘モード

だから嫌いな人の前でもニコニコしちゃうんですね(大嘘
まあ、こんな人が世の中、社会、会社でうまくいかないわけがない(もう嘘はやめようよ

それはおいておいて、しっかり学びたいですね。格好良い人を探そう。その人からTTPしよう。

そうだ、そうしよう。

雇われないで生きよう!
高城 幸司

PHP研究所
2004-05-26
売り上げランキング 98,959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
加速成功―願望を短期間で達成する魔術
本調子~超常識的成功者たちの本の読み方・つきあい方~
お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き

つれづれ

セミナーいってきました。いつもはカテゴリ入れるんですが・・・。
あんまり面白くなかったです。もちろん、それじゃもったいないので1.5時間も!
なんとかネタは見つけましたが。

売れる仕組みを作るということで、マーケのお話でした。
これどうなんですかね。質問されてた方は実際に仕事されている人が多かった気が。



続きを読む

タイムマネジメント再考

ひとりごつです。

今、イー・ウーマン代表の佐々木さんの本を読んでいるんですが。
そこでタイムマネジメントについて出てきた。

何々ある弁護士事務所では、6分後とに何をしたかを記録するって?まじっすか。
で、例えば月150時間働いた分を請求することはできるかって。
なるほど、文字どおり実働ですね。とかいてありました。

ここまでやらんでもいいと思いますが、
しかし、時間管理が出来なきゃおそらく、何も出来ないんでしょう。

スケジュール管理ってありますよね。
全く関係ない話じゃないはず。僕も大学で心理学の実験をするので、
被験者を集めたり、実験計画たてて、レポート出したことあるんです・・・。

そこで教授が言ってたのは、
「そういう細かいこととか、予定をたてていついつまでにこうするとか、出来ないやつは
心理学できんよねえ」
と、まあそんなこといってました。

ルーズが良いか悪いかじゃないんですけどね。でも、きっちり約束守る人のほうが絶対好感持てるじゃないですかね。

僕も被験者としてメールや電話で連絡したのですが、
当日になって来ない人もいました。20名くらい被験者を数名ずつ呼ぶ実験だったのですが、
1人欠けるとまあ、しょうがないので困りますがやるわけです。

その後何も連絡なかったりすると、もう信頼できないですよね。
あと、体調が悪くなったというのが、PCメールに送られていて、
当日来ないから変だなというのもありました。僕の常識だと携帯番号もあるので
ダイレクトで当日だからかければいいと・・・。この常識は相手には通じないのでしょうね。
何か後ろめたいものがあるからか、だからメールで。PCか携帯メールかすぐ分かると思うし。若いんだし(笑)

友人とは、1分遅れたら100円というルールが暗黙にあります。
まあ、僕も結構ルーズマンなんですけど、そういう時は大体適当に行く気持ちがつよくて、
申し訳ないと思ってます。

でも、大事な場面で遅れることはないですね。遅れるなら連絡を。
といって、正当化しても意味ないです。遅刻して迷惑かけた友人へ、ごめんなさい。

で、こういう時間管理やスケジュール管理が出来ないとおそらく、めちゃくちゃ目の前のことに忙殺される気がします。

目の前に仕事が山ほどある。いつまでたっても終わらん・・・。(笑)

時間というと、ついつい「無駄な時間をなくす」とか考えそうですが、
その前に、どのように自分が時間を使っているか考えたほうが良さそうです。

つまり、節約とか効率化のまえに、根本的なのは、自分がどのように時間を使っているかを
確認するということです。

僕は結構な時間ブログに割いていますが、おそらく今後時間は減っていくと思います。
それはブログが重要なのではなくて、ブログに対しての時間の使い方がどうも多すぎる気がしているからです。

さあ、どうなることやら♪

ストップ・ザ・トラックバック

うーん、またTBあり。

今回はしっかり検討してみますか。

もらったのは、くださいな商会さんからです。

で、内容は見てもらえば分かりますが、
「こんなにオイシイ!フーゾク起業?年収3000万!1人ビジネスの裏ワザ」という本のレビューです。

ぶっちゃけていえば、全然関係ないのではと思いますが・・。
起業と関係しているからTBされたのでしょうか。

同じ本なら分かりますが、なんだかなと思ってしまいました。

TBを許可無く消すのってありなんですかね?そりゃ当然かなあ・・。

TBについて書いたのに、反応がないようなので、おそらくそういう感覚(どう扱われても良い)と思ってやっているんだなあと思ってしまいます。


大袈裟に言えば、なんか家に土足でどかどか入られる感覚がするわけですよ。
だって、エントリと関係ないんだもん・・・。

さようなら。3TB消します♪

新聞にのってる。

Tさんから連絡を受けたので、中日新聞をネットで調べる。
あったこれこれ。

ビジネス通じ課題に挑む社会起業家
http://www.chunichi.co.jp/00/kur/20041028/ftu_____kur_____001.shtml


最後のほうにちらっと・・・かあ。
まあ社会起業家という言葉もまだまだ浸透しないんでしょうね。
面白い人いるといいな(?□?;)!!

トラックバックについて

ちょっと迷ったので書きます。

まず、
幸せな成功に向かって走り出そう!さんからTB頂きました。

内容を拝見すると・・・。やる気でないときの話でした。
正直僕にとってはどうでも良かったことで(失礼ですが)、TBしてもらっても何も出来ないという気持ちです。
内容的には忘れてしまっていますし、
とくに「幣ブログの内容」を参照したわけでもないと思われます。
誤解を招かないようにいえば、「内容がほとんどない」独り言なのですから、TBの意味が分からないということですねm(__)m

TBの使い方は、基本的にブログ間をつなぐものだと思っていますが、
しかし、僕にとってはTB先のブログの内容を参照したくらいではなくて、
引用する時に使おうかなという感覚です。参照したよ、というならTBしなくてもいいかなと思っています。
実際に最近はTBせずに、ただリンク貼ってるだけです。

TBは「あなたのブログ見ましたよ」的な意味合いで使うのも別にマナーは悪いわけじゃないんですが、
最近はそういう使い方もどうなのかなと思っています。

ですので、幸せな成功に向かって走り出そう!さんにはなんといっていいやらという感じで申し訳ないです。

それから、
22歳さんからもTB頂いていますが・・・。
この場合は、DreamGateの起業家図鑑を頂いたぞという記事にTBもらっています。
22歳さんの記事では、学生起業家についてかかれていますが、別に僕のエントリと何が関係あるのか分からず混乱しているのが本音です。


僕も最初の方はTB無駄にしたことあるので、一概に言えませんが、
TBするということは、相手のブログにコメントを残すか(TBがその代わりというのはちょっと・・・)、相手のブログを見たよということを、参照程度に記事本体に書くか、
内容的に参考にしたよということをとにかく書いて欲しいなと思いました。

単に、TBは便利とはいえ、見知らぬ人からいきなり「見たぜ」っていうメッセージがくるわけですからね。

とはいえ、最初はそうやって使っていた自分もいるので、なんともいえません。
が、今後はそうやってTBしたいと思っています。

別にこれは僕の考えなので、今回のお二方にこうしろなんていうつもりはありません。
しかし、僕の反応は全く期待しないでください。

ちょっとまえのTBでも、無駄?と思えるTBもらって、考えさせられたので書いてみました。
TB使い方難しいよう。たっけて、ままん。

社会起業家

やっとこさ読み終わりました。ちょっと時間かけすぎました。

アメリカを中心に社会起業家という生き方が紹介されていて、「ああ、いいなあ」と思いながら読み終わりました。

最初に「Thoughts」という詩みたいなのがあるんですが、これがいいんです。
これ読んだだけで、買いです(笑)
では紹介を。

友人にも見せたのですが、p.52-53に国家と企業のGDPがランキングされてます。
なんか企業ってめちゃくちゃでかいんだなって思いました。
月並みすぎですか・・・

p.148
私は、「悪」に関して少し違った考えを持っています。善いことをするチャンスや能力があ
あるのに、それをしないことは、悪だと思うのです。悪は必ずしも能動的な行動いうわ
けではなく、善の欠如も悪だと考えているのです。
これはイヴォンさんの話です。
なんかノブレス・オブリージュみたいですね・・・。ほんと。

戻る形になりますが、
p.142に
「笑うのに必要なのは十七種類の筋肉。だけど、しかめ面をするのには四十七の金忍苦がいる。
エネルギーを大切に。」
とあるんです。先日読んだフィッシュでは、オフィスに「ニコニコ顔かしかめ面」どっちですごすのがいい?とあって、態度を選ぶ話がでてきました。うーん、シンクロする・・・

社会起業家というのは、NPOな企業、企業なNPOという感じですか。
とにかくこういった考え方が流行るのは時間の問題でしょうか(笑)
素敵な生き方したいと思いますよー♪


社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流
斎藤 槙

関連商品
企業評価の新しいモノサシ―社会責任からみた格付基準
企業の社会戦略とNPO―社会的価値創造にむけての協働型パートナーシップ
NPOと企業 協働へのチャレンジ―ケース・スタディ11選
コンプライアンスの知識 日経文庫B74
CSR 企業の社会的責任―事例による企業活動最前線
by G-Tools

会社に入ったらすぐ読む本 船井総合研究所

これ面白かったです。
印象にのこったのが3点ほど。

p.42「たかがコピー」ではすまされない
これ、新入社員向けの本です。予習です(笑)
原価意識をしろってことをいってます。僕もそうします。会社のもの私用しちゃいけんですよね。

p.124 一つでよいから自分なりのテーマを決める
情報収集をしよう!というと、あやふやになりがち。そうじゃなくてテーマを持とう。
そういうことが書かれています。にゃるほど、その通りです。
ちなみに、僕のテーマは本です。ビジネスもですが。

p.166
 20代は毎日、本を読んでください。そうしますと、何歳になっても本が読めます。
メモをとること、本を読むこと、ぜひ実行してください。学びグセの基本です。
うう、そうします。やべっち。

この本はケーススタディが書かれていて非常に「そうなりそうな感じ(笑)」のものが多いです。
最初は電話取りから、雑務からしっかりきっちりやりたいですね。
マナーや挨拶、敬語などもしっかり書かれてます。

そうそう。どうでもいいですけど、目上の人にご苦労様ってまずいですよね・・・(別にこの本に書かれてるわけじゃなくて。)

会社に入ったらすぐ読む本―最初の一歩でつまずかない即効のゴールデン・ルール
船井総合研究所

おすすめ平均 
読んで役立つかはその人次第
新社会人が経験しそうな体験や雰囲気がズバリ
これなら会社が楽しくなる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戦略・経営計画の「落とし込みの技術」

そういえば、基本的に本読みなので僕が読んだと思えばそれは本読みカテゴリに入れられ、そして紹介されます。たいてい、引用したり、面白いといったり、こんなところが印象的だったといってるつもりです。

が、今回はまずかった。
最初は面白そうだなと期待してたんですが、どうも面白くない。
対象が経営者向けだからでしょうか、計画をどう落し込むが焦点にかかれてます。タイトルどおりですが。

当たり前のことを書いている感が強いです。
もちろんそんなこと、あんた学生っしょ、わからんでしょうといわれればそれまで。
で、この本、アマゾンみてもレビューがない・・・。参考にするものがないです。

途中で飽きてしまって、ぱらぱらめくって終了にしました。

なんで面白くないのか。実践的すぎるのかな。そうでもない気がするんですが。
本のレビューは難しいですね。でも、最後まで読めないことは確かでした。僕にとって。

戦略・経営計画の「落とし込みの技術」―コンサルタントが実際に使っている
前田 隆敏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんでブログ書いてるのか

まあ、こんなことはあまり聞かれないのですけどね。

人間って確かものをなんでしったっけ。すぐ忘れちゃうんですよね。
1週間くらいでほぼ全部忘れるとか。いやん。

もちろん、記憶すればいいんですが、見たやつですよね。問題は。
みて、あ!これ重要だとおもったら、すぐメモらんと忘れますよね。
若いとかそういうの関係ない気がします。
要は自分に言い訳するかどうかがここで試されるわけですね(ほんと?

僕は昨日ブログに書いたこともすで忘れているわけで、
それくらいブログが作業場となりつつあることを今実感しています。

残念ながら、ブログに書いたことをすぐ忘れても・・・。
潜在的な記憶にはやきつくそーですよ(?□?;)!!
つまり、考えたことを書くというのはそれだけで意味があることだ。

こうやってブログを流行らせますか(笑)

ブログの見えざる手

神の見えざる手にかけてみた。
ちなみに、神の見えざる手をご存知でないかたへ。
これは要は経済社会において、市場というマーケットが誰かに操られてるかのように!
需要と供給で価格が決まったりすることをいいます。アダムちゃんでしたっけ?

それはいいとして、ブログの見えざる手とは?

つまりというか、まあなんというか。

ブログって下書きあるみたいですけど、僕は全部公開してるんです。
そんなのはどうでもいいって?

で、公開するわけで、公開日記なんて、めっちゃ親しいか下心(笑)あるやつしか
みないんじゃないのかなあと思うわけです。

昔、「Webサイトに日記を載せるのはおかしい」とかいう話がよくあったと思います。
それもどうでもいいんですが、結局日記というのをプライベートで誰にも見せないものとしたら、
それをWebで公開するのは変ですよね・・・?
逆にいえば、誰にも言えないから日記にかくみたいなこともいえるわけです。

で、このブログについていえば、俺はこんなことを考えたんだ、皆聞いてくれ!っていうことに、自ずから。本当に自ずからなんですが、なるわけですよ。

自分が気づいたこと、面白かったことなどを書けば、なぜかそれはそういう風に伝わる。
いや正確にいえば、そう伝わりやすいんでしょうね。

これをブログの見えざる手といいます。OK?
え?全然分からないって。

要は一言でいえば「意図してないんだけど、ブログで公開されていることで、自然と人に見てもいいような文章になっていくこと」をいいます。

先ほどのアダムちゃんとの対応をいえば、
需要はまあ見てる人の見たいものですか、供給は自分のブログネタですか?

結果的に均衡点は、「なかなか面白いねえ」「頑張ってるね」「ふむふむ」と見ている人がいい、
そして僕が「こんなことあったけど、ここは割愛だけど、こうだったよ」みたいなことになるんだと思います。

これは僕のブログの性質ですね。他のブログについては、分かりません。
ただ本質的なことをいえば、ブログをずっと書くとまあ、100回くらいかけば、
自ずとその人がどういう人か分かりますよね。見てる人は。

だって、自分じゃない人間を偽ってですよ?それを100回も普通は書けないですから。
もし偽った人を演じれたなら、それはある意味ブロゲンティナーです。



マウンテンルートへ

94c24aef.jpg


カフェみたいですが、本屋のギャラリーです。
名古屋に24日にできた、マウンテンルートです。新風舎という出版社がやってます。

なかなかしかけが凝っていて、面白かったです。2Fはミニシアターとカフェもあるようです。

別に出版するわけじゃないですが、出版セミナーってなんか面白そうなので、
11月から始まるようで、無料なので、足を運んでみるつもりです。

裏のハローワーク

この本は、SRIさんのところで紹介されてたので読んでみました
面白かったです。裏とか闇とかあって、ヤさんが絡んでいるのが多いですね。
でも、裏だろうがなんだろうが、裏「社会」で、しかも裏「ルール」がある・・・。

変に関心してしまいます。人間ってルールいる生き物なんだと。

出版ブローカーが私的に良かったです。別にそれをしろってことじゃないですが(^-^;
出版社にも気をつけてみると、本選びも楽しそうですね。

あと、詐欺師の話も非常に参考になります。これからは詐欺師の立場から詐欺を検証したいですね。
って、僕は詐欺なんかしませんからね(^-^;

この本、生協でも売ってました。なんか面白い構図。でも、面白いです。
SRIさんありがとうございます。

裏のハローワーク
草下 シンヤ

彩図社
2004-05
売り上げランキング 14,105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ビッグボーナス
カネに勝て!―続・土壇場の経済学
田原総一朗の早大講義録―政治・経済のカラクリ
28歳からのリアル マネー編
大人の仕事術

今後の方針

めちゃくちゃ良い循環です。

1.日常のネタを書く。これは学び・気づき。
2.そのネタをつらつら書いていくと、あーら不思議。自分の興味あることが分かる。自ずとなる。
3・それをHPやブログでまとめる。新たな興味も見つかるかも♪
4.アフィリエイトを組み合わせて小銭を稼ぐ
5.本をそのお金で買う。
6.ネタが増える。
7.1へ戻る

今のところ、1はいいです。2も大分顕著になってます。3の段階ですかね。
さすがに4はまだ遠いですが近い未来そうなります。5も4ができれば可能。
6は今も本読んでますが、さらに本を読むことでネタ加速。

少しずつブログの内容等まとめてます♪

読書アンケート

日経ビジネスたまに目次見て面白そうなのは読んでいますが・・・。

Webサイトありますね。たまたま見てたら面白いアンケートが。
http://nb.nikkeibp.co.jp/free/BIZSERON/20041026/106797/

ビジネスマンの読書満足度みたいなものですか。

これ面白いなと思ったのは・・・

読書に満足してない人は、時間がないといい。
満足している人は、40%以下ですが、読書時間たっぷりあると言う。(複数回答なので40%以下はなんなのか分かりづらいですが)

当たり前なんですが、満足してれば時間あると思うし、
満足してなければ、時間ないと思う。

逆もまた然り。うーん、難しい。
とにかく、このアンケート面白い。

あともう1つ。
仕事に関係した本に偏る人は満足してないのに、
色々な本を読む人は、満足している・・・ってことでしょうか。

やはり色々な本を読む人は、自身のキャパじゃないですけど、
好奇心があって、興味あるものは読む・・・という像が浮かんできますよ。

そういうわけで、本読まなきゃ汗

寒いですね

16度とか冷えますね。感覚的にこれが普通9月の終わり頃じゃなかったけ。そんなことはないかな。

どうも夏が暑すぎて、長すぎて、感覚が鈍っている気がしますね。

テレビ見てたら、架空請求のやつやってました。
裁判所からの書類だと、無視すると後で支払い義務を怠ったことになるらしいです。

架空請求は無視・・・ということが広まった上で次の1手をしかけてくる。
詐欺師にえらく関心しちゃいます。(関心してる場合じゃない・・・(^_^;)

レアメタル

ガイアみました。

おお、面白い。
サハリンプロジェクトとか。商社が絡むやつがめちゃくちゃ面白いですね。
ジム・ロジャーズじゃないですけど、石油とかなくなっていく・・・ので、
石油とか探したいですよね(あほ

今回は、レアメタルというなんでもほとんどの家電とかハイテク機器?は
この金属がいるそうな。

面白かった。今日もツイてる。

サイト内検索

「::Panic Disorder主婦のアフィリエイト::?夢叶う日まで? 」にて。
http://yaplog.jp/panic_disorder/archive/161

サイト内検索ができるサービスといえばいいんでしょうか。
βみたいですが。紹介されていました。

そのサイトはこちら。
http://srch.jp/

ばっちりです。僕も右上に設置してみました。
もし何かキーワードいれてみると、面白いかもしれません。
「逃げる」といれたら3件でました(え?

タグ設置するだけなんで、いわゆるCGIといった知識いらないですね。
便利すぎる・・・。(^-^;

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方 スティーブン・C. ランディン (著), ジョン クリステンセン (著), ハリー ポール (著), Stephen C. Lundin (原著)

面白かった。短めなのでさくっとよめます。
4つの教訓めいた言葉がある。それは表紙にも書かれてる。
それは、「態度を選ぶ」「遊ぶ」「人を喜ばせる」「注意を向ける」の4つだ。
一言で言えば「よく考えて人と話す」ことで、全て言えなくもない。乱暴だけど。

人と話すことで、まず相手に注意を向けることができる。1つクリア。
次によく考えることで、態度を選ぶこともできる。2つ目クリア。ちょっと辛い・・?
会話を楽しむことで、人を喜ばせることができる、同時に自分も楽しい。4つクリア。

もっと乱暴にいえば「よく考えて人と話すこと」ができない人は、おそらく会社も学校も
おそろしくつまらない場所にしてしまっている可能性が高いということだ。

態度を選ぶ・・・これが一番の気づきだった。笑おうが泣こうが、苦しもうが、原因はどうあれ
そうしている自分自身を否定することは誰もできない。本当にそうだと思う。

自分に言い訳することがよくある。でも、態度を選ぶことを考えると、言い訳をしてもいいじゃないか
人間だもの。といって、言い訳をする自分へさらに言い訳する自分がいたりする。メタ言い訳。
メタ言い訳だろうが、言い訳だろうが、態度を選んでいることは否定できない。
言い訳をしている自分を否定しても、そういった態度を選んでいることは認めないとおそらく成長すらないのだろうと思った。

この本は、こばやしさんの「知識を力に!」で紹介されていて買ったものです(^?^;
こばやし氏のフィッシュ!レビューはこちらです。



フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方
スティーブン・C. ランディン ジョン クリステンセン ハリー ポール Stephen C. Lundin John Christensen Harry Paul

フィッシュ! 実践篇 ― ぴちぴちオフィスの成功例一挙公開 フィッシュ!おかわり―オフィスをもっとぴちぴちにする3つの秘訣 Fish Tales: Real-Life Stories to Help You Transform Your Workplace and Your Life Fish! Sticks: A Remarkable Way to Adapt to Changing Times and Keep Your Work Fresh がんばれ社長!「勝ち抜く経営者」の絶対法則 「志経営」のすすめ

by G-Tools

子どもっぽさが大事

素敵な大人というのは、妙に子どもっぽい。別に子どもみたいに、なんかうるさいとか、ブーたれてるとか
そういうことじゃない。純粋さといえばいいのか、良い意味でワガママといえばいいのか。

どうやらこれはおそらく紀元前当たりから言われているんだろうけど、
「大人は大人になると何かを忘れてしまうそうな」ということをふと思う。
続きを読む

DIY出版

こんな会社がある。
http://www.a-cre.net/acresyuppan.html

ポップアップ広告はかなり嫌いだが、言ってることは素敵だと思う。
余計に広告が残念。幣ブログも広告もほどほどにしないとなあ・・(^?^;

DoItYourself出版。自分でやっちゃおうってこと。
自費出版というと普通、業者に頼むことをイメージしやすい。少なくとも僕は。
でも、それは違うのかもしれない。自分で出来るならそれこそ面白そうだ。

就活物語はパンフレットみたいな形で、本としての厚みはない。所詮40ページ。されど40ページ。
DIYで近いうちに本にしちゃる。まってろー。

時代は進んだものです。個人の本だから、すごーく「編集」とか「表記」に雑さが
あるんだろうけど(プロはやはりプロ)、問題はそういうことではない気もする。
おそらく、それに似た何かが世の中の代表的なものを覆すことは良くあるはずだ。

さあ、レッツDIY!!

ワードの罠

懐かしいワードの罠です(え

両面印刷でたまーに失敗して、途中ページから印刷したいことってありませんか?
ニッチですか。

今回の罠は「偶数ページ」「奇数ページ」の罠です。
というか、これ僕よく分かってません。なのに、なんとなく印刷できてる。

途中ページから印刷した時は、31ページから印刷したいときは、
「31‐」とかいれればいいのです。これは分かります。
しかし、31ページからでかつ1ページをまたぐ感じで、つまり31、33、35・・・と
したいときはどうでしょうか。
続きを読む

2004年版中小企業白書

中小企業白書のHPから、ポイントをまとめたPDFを読んでいました。
面白いですね。

ページはこちらです。
http://www.chusho.meti.go.jp/hakusyo/ 続きを読む

失敗

本を予約して、後からブックオフへいって・・・適当に見てたら・・・。
ありゃー予約した本あるじゃない。いわゆる「取り寄せ予約」の予約です。
とりあえず、メールが来てた。予約ありがとうございますって。
丁重にメールで、キャンセル可能かどうか聞いてみた。良い返事が来るといいなあ・・。
ご迷惑かけて申し訳ないなと思ってますm(__)m
続きを読む

現在位置の確認

人生を海に漂う船だとしたら、やはり今自分がどこにいるか確認しなきゃいけない。
しないと、やはりだれる。
別に人生色々あるさ。なので、「波にまかせた人生」もいいし、「自分で船を動かす人生」もいい。
どちらも一興。僕はなるべく、自分で動かしたいと思っているだけだ。

波にまかせた人生を今はスローな生活とかいうのかもしれない。
確かになんでもはやけりゃいいってもんじゃないのは分かるし。

でもでもでも、最後は自分がどう思うか。すごく直観的な話になってくる。

だから自分は今どこにいるんだろうと考えてしまう。
進んでいるはずなのに、戻っているかもとたまに思う。
でも、前へ前へ。と思わなければ一生進まない。

朝からこんなことメモってた。熱い(笑)

モチベーションの維持

モチベーションの維持がめちゃくちゃ難しい。
そりゃ人間だもの。だから、感情の波もある。でも、今日はやる気あるけど、
なんかあるとやる気なくなるのはどうかと思うぞ。>自分

常に言葉や問いを自分に言いつづける必要があるんだろうと思う。
でも、正直やる気が起きないときは何をしてもだめということがある・・・。
自然治癒が一番いいのだろうなあとか、思ったりする。

ブログや書くことでやる気が起きることが多い。
一番良いのは、人と話すこと。初対面の人だと可能性があって(?)ますます良い。

以前携帯メルマガ作って、モチベーション上げようとおもったけど、
そこまで作るまで無いかなと思って、結局お蔵入り(笑)

どうしたらモチベーションがあがるのかというのを考えるのも大切だけど、
こうしたらどうだろうと試みることも大切だなあと思う。

とりあえず、そんなところです。

ご存知の通り。

ドリコムメンテでしたね。びっくりしました。
まあ言い方は悪いですが、対策済みです。こういう時はテキストに書き込むのに限ります。

おかげで集中してネタかけました!ツイてる!(笑)

wii-pイベント申し込み今日まで。

will-pイベントが今日で締めきりです。最も11/3のイベントはですが・・・。
11/20,21はちょっとお金もかかるので敷居が高いかもしれません。
もちろん、その分得られるものが多いと期待するわけですが(笑)

明日になったら告知は消しますね。
社会起業家など興味ある方はどうぞ。お話しましょう(笑)
もちろん、僕は普通に参加するだけですよ。

詳細こちらです。

独立起業バイブル―ゼロから始める起業家入門スタートアップ・ガイド ニュービジネス白書 ニュービジネス協議会 (著)

適当に期待せず買ったのですが、なかなか良かったです。
気づきが結構ありました(^-^;

p.64にマーケティングと営業の違いが書かれていて、なるほどそういうことなんだと頭のみで理解。
実践的理解がないのがダメですが(笑)
こうかかれています。(正確には図です)「営業は日常業務思考で、『売り込む方法』をひたすら追求。今日のための日常的な販売活動に焦点が当てられる」
一方、「マーケティングは戦略思考で『売れる仕組み』を追求。顧客のニーズを分析し、明日のための戦略を練ることに主眼を置く」とあります。
営業が短期的なら、マーケは長期的というイメージでしょうか。
営業部隊なら、営業のことを第1に考えるべきなんでしょうが、それだと遠くが見えないですね。
だからマーケで補う必要があると。ちなみに、最近の営業のビジネス本って、マーケ的なものが多い気がします。
おそらく錯覚かな。まあどっちでも、「ビジネス本」だから良いのですが(笑)

p.72は、市場リサーチについてで、アンテナを高くしたほうが良いという話です。
ネットも良いですが、ビジネス雑誌や新聞はやはりチェックしたいですね。定期購読までいかないかもしれませんが。

p.82は「合資会社のコラム」で、ここで合資会社の説明が。
合資会社というのは、代表者は無限責任(つまり、私財を投げ打ってでも会社の借金を払うってことですか)、別の出資者は
有限責任(私財投げ打ってまで会社の借金はらわないでいい)なんです。
だから僕はてっきり「合資会社」はまずいなと思ってましたが、この本には
 オーナー経営者の有限会社や株式会社の場合は、責任が出資額の範囲に限られるとはいっても、
融資を受けるときなどは経営者が個人保証するのが一般的である。結果的に、かぶる責任は同じと考えてよい。
ほほ・・・う。なるほど
選択肢に、「合資会社」が増えた気がします。面白そうですね。出資者と喧嘩が毎日とか(だめ

他には、財務の基本的なこと、保険のこと、法律的なこと(雇用とか)、事業計画書の話、融資の話などAtoZといって間違い無いでしょう。
この社団法人ニュービジネス協議会というのを僕は知らなかったのですが、今結構大きくなってる会社が大会で受賞してたりしますね。

この本は意外な視点、マニュアル的なものかもしれませんが、冷静に起業について考えれる本だと思いました。
また読み返したいと思います。文章は平易で、厚さにくらべ読みやすいです♪

※今回からG-Toolsのデザイン増加で、関連商品も並べてあります。

独立起業バイブル―ゼロから始める起業家入門スタートアップ・ガイド
ニュービジネス協議会

ダイヤモンド社
2003-01
売り上げランキング 161,648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
電子社会の法と経済
技術で生きる!―1人1億円売り上げる経営
会社を辞めずに億万長者!「情報起業家(インフォプレナー)」入門
ファン(継続読者)が増えるメルマガ 消えるメルマガ
1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!

引きこもりについて

いつ書いたか。。。とおもったら、作成日が。
2003年の7月28日です。ということは、まだあまっちょろいクソガキだったころです(笑)

かなり文章が変なところもあるんですが、勢いを大事にして全文抜粋。

続きを読む

思い出し話。

セミナーの話してなかった。

・課題・問題を分かっているつもりで動いている人が結構いる。
→実際ははっきりしてないだけ。はっきりと定義することで、意外に問題は解決できる。

マーケの基本?AIDAMに乗っ取る。
アイダマ?とは、何か。あえて説明しない(説明できないから(笑))。
スペルミスってると思いますが、
Attention
Interest
Desire
Action
Memory
の略みたいです。(調べろって?

つまり、注意をひき、興味を抱かせ、買いたいかもという欲求を引き起こし、
そして買ってもらう。さらに、記憶にとどめてもらう。
ということですな。

それはいいとして、この講義(セミナー)からは、
・事業計画書の重要性
を学んだかも。

また、
・ビジネスモデルの明確化
・ワークフロー(仕事の流れ)
を作るというか、明確にできないとなあと(机上の空論かもしれませんが、考えないと始まらないですし)

意外だったのが、
・契約時の保証金
です。

これは何か商品を仕入れたりという話かもしれないですが、
まあ提携するということは、お互いに協力し合うということでしょうか?
その場合は保証金というのがあるそうな。そんなのあるんだと。
ビジネスしている人は常識なんでしょうか。僕には意外でした。
トラブルあればその保証金を請求というか、取れるってことでしょうかね。

あと、もう1つ。
・ボス顧客を狙う
これは、人脈がある顧客のことで、講師の方がそう呼んでるということです。
つまりその人を捕まえると芋づる?式で顧客ゲットできるってことですね。

ふう。

忘れてた

そうそう。ががーと書く勢いをなくさないために、リンク入れてなかったですが、
ブログランキング登録したので、今日の記事で面白いのあればどうぞ。
ほとんど、自分の気づきばかりですが・・・。

ランキングクリックはこちらです。

今やらなきゃいけないこと

やっと「独立起業バイブル」読み終えれそうです。
この本、ハウツー本っぽいから、たかがしれてるな・・と思ってたのですが、
そんなことない!一杯気づきがありました。やった・・。こういうのが嬉しいですね。

そこで今僕が考えているのは「本」で、それをビジネスにするには?
ということを考えているわけです。

しかーし、それだけいっても何も始まらんということで、ネタは探しはしていますが、
どうもまとまっていない。そこまで「まとめ作業」をしつつ、さらに「本」に類する現在のビジネスをまず調べた方がいいんじゃないかと思いました。

これは本を読んでて気づいたことです。
当たり前のことですけど、そんな基本的なことも気づかなかった自分があほだなあと(^-^;
ブックオフはもちろんですが、他の競合他社も。
新刊本屋から、古本屋も。色々な視点で見たいですね。

まあ作業的にはキリがないんでしょうが、自分が知りたいと思うことにおそらく役立ちそうなので、やるだけです。とりあえず、やってみます。期待している人はいないと思いますが(笑)

1vs1の大切さ

前も言ったかもしれません。

やはり1対1で話すのっていいですね。
相手がよく分かるし、自分も気が抜けないし(笑)

ふと思ったのは「1人の人間としての意見を聞きたいな」ということです。
同時に、「飲み会などでグループ?で話すのは密度が低いな」ということです。


続きを読む

思ったことをどう表現するか。

そりゃあ、あなた、思ったことを相手に分かりやすいように、時には分かりにくいように、
時にはどうでもいいことをまじえて、うまく伝えるのんじゃないの?って感じです。

僕にとっては、常に直球で勝負してますが(そうしているつもりですが)、
変化球も大切ですよね。

どうやって伝えるかは、相手をよく考えなきゃいけません。
当たり前ですが、こういうことから「相手のことをよく考える必要」があるというのも分かりますね。

思ったことをなんでもバンバン言っちゃう人はあまり見かけませんが、
なんか魅力的じゃないですよ、ね。僕はですが。

かといって、言いたい事を全然言ってくれない人も、ちょっと困りますよ、ね。僕はですが。

そしてそのバランスがきれいにとれているように見える人は、素敵ですよね。

思ったことをどう表現するか・・・これってやはり話すとか書くとか。
何か訓練じゃないですけど、やるしかうまくならないと。
これって基礎的なことかもしれませんが、やはり慣れが大きいなあと思いました。
あくまで慣れです。だから、なれていない人はつらいだろうし、なれている人は軽い。
それだけの話かもしれませんね。

連携をなぜしないのか?

僕が就活支援団体について、あれこれいってるのは、いわゆる「無所属」だからかもしれません。もし、何か特定の団体に所属していればそれはそれで「利害」があって、あらゆる配慮をしているかもしれません。

ただ、「組織」に埋もれて(過激?)、所属という安心感を求めるために入る・・・のは僕は否定します。僕はそうなりたくない。ただそう見えるだけかもしれません。これが僕のサークル・部活動といった組織が嫌いな理由です。


続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

researcher

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ