ReadMasterの軌跡

面白いことを仕掛ける。仕事を作る。ビジネスを作る。そんな日々から出てくるアウトプット蓄積場。

2004年09月

タイムスケジュール

1日でどれだけの仕事量(これはいわゆる「お仕事」の量ではなくて、物理でいう運動とかあういう意味です。)はどれくらいか?もちろん自分の。そういうことって気になりませんか?

1日チャリで400km走る人間がいて・・・。かといって、100kmでばたんきゅうな人間もいるわけです。常人とか平均とか、普通とかそんなのどうでもいいんです。
自分はどれくらいなのか?それが気になるだけです。

チャリについては単に体力の問題かもしれません。
でも、足の筋肉の疲労って筋力が2倍あれば2倍疲れないってことになるんですかね?
多分なりそうになくて、おそくら筋力2倍でも、1.5倍疲れなければいいのかも。
ここの辺り詳しい人、ご意見ぷりーずです。


で、仕事量。
はっきりいって、僕がどれくらい動けるか(物理的にも精神的にも)分りません。
ただ、時間の管理を駆使すればそれこそ1ヶ月を1年分とすることも可能です。
ただ動く人はエネルギー消費が激しいために早死にするという話も聞きます(笑)
結局、よくわからんのが現状です。何もかも。

で、今日は
10:55 名古屋駅
11:00過ぎ 名駅そばのダイコクドラッグへ。100円ショップですな。
11:15 キンコーズへ。3部ほど就活物語コピー。
11:35 伏見駅(京都の伏見じゃないっす・・名古屋っす)そばの100円ショップへ。
12:00過ぎ 栄(さかえ)のリビングダイソーへ。
12:30頃 伏見のライフプラザへ。
14:00 家

で今に至るわけですが・・・。
100円ショップを3件ハシゴしてますが、クリアファイルが欲しかっただけです。
A4で40ポケットのやつが欲しくて、しかも白色以外。
さすが、リビングダイソー。品揃えで圧倒的。色もあるし、種類もありますしね。
難なくゲット・・・。

ただ名古屋駅?栄は、地下鉄だと5分くらいですが、歩くと30分はかかりますぜ。
往復したので1時間ですか。これだけで足が疲れました。

やはり歩かないとダメだ・・ではなくて、仕事量が少ない気が。

遊びでも勉強でも、こういった仕事量が多い方がアドバンテージ(有利)があると思うのです。
ちなみにテニスで40-40時のジュースのとき、サーバー側にポイントが入ると「アドバンテージサーバー」といいます。どうでもいいですな。


まあ自分の仕事量を把握するのはすごく大切だと思うわけですが、
肝心なのは、負荷を少しかけることだと思います。ある本のパクリですが、
まあ一般的な意見でしょう。

自分がとりあえず100としたら、120くらいのことをやるつもりでやる。
そうしないと、いつまでたっても100以上にはいかない・・・。これって当たり前だのクラッカー的ですが、結構実践が難しい。

当たり前のことをやる人間が馬鹿にされるのに、当たり前のことをしない人間も馬鹿にされる。結局馬鹿にされる。それが日本社会ではないか!(笑)
結構あたってるかも。うふふ。

あ、なんでクリアファイル買おうと思ったかというと、1号(謎)が満杯になったので、
次の相棒探しということで。

ああ、待ち合わせの時間10分前におきて、15分遅れましたね・・。
友よ。申し訳ない。この埋め合わせは後日。といって埋め合わせを避ける作戦(笑)
サボテン

BookCrossing

Zopeジャンキー日記さんにて。

このブッククロシング?って面白い・・・。
デジタルとアナログが混じってる。これ、本だけじゃなくて他にも応用できそう。
私設図書館にうまく組み込めないかな・・・。

興味深い情報ありがとうございます。

豊島図書館

愛知県にあった・・・!

http://www.runnet.co.jp/jouhou/Runners/library.html

私設図書館ですね。岡崎のほうですが、行く価値はありそうです。
見つかると楽しいですね。

NPO法人ドリーム

名古屋駅そばにあるNPOプラザ1階にあるカフェです。
詳しくは・・・HPへ。

コーヒー・紅茶一杯200円すか。安い!

事業が結構ありますね。
69af752e.jpg


喫茶事業、ミニミニショップ、編集、講師派遣、パソコン教室。
むー5つもある。

写真は、店内にある紹介文。小さすぎてみえなーい。きゃー。
カフェって一杯ありますね。良いですね。

鉄道記念の日切符

428811a6.jpg

電車好きなら知ってるこの切符。
これ毎年やってたんですか?はじめて広告みたっす。

10/2?10/15までの期間、JRで、おとな9180円で3日(回)分のチケットが発売。
これは、いわゆる青春18切符の3日版というやつで・・。
18切符は、11500円で5枚なので、1枚あたり2300円。
この鉄道の日切符は3060円。と760円高いけど、3日という区切りだし、
なかなか使いやすいのでは?と思う。

でも、これって土日の休みしか普通使えないかも。学校や仕事がありますしね。

でもでも、これ学生にとっては秋の青春18切符くらいの価値があるかなと思います。
ただ僕はいまどっか行く気分じゃないので、もし興味あれば買って旅してください(笑)

今日はゲーム会

あがー。人が集まりません。集客力がない。
とりあえず、10月からは土日でやります。というかそうじゃないと、来れないです。

もうちょっとしたら、ゲーム会も差別化を考えないとまずいなあと思います。

差別化なんて考えなくても継続していく=変化なので、
そうなっちゃうんですけどね。てへっ。

今日は台風の影響で雨がすごいみたいなので、早めに帰りたいですね。
電車が止まるよ・・・夜は・・多分。それくらいの勢いですね。新幹線

続きを読む

人生における成功者の定義と条件

前々から読みたいなと思ってました。本屋にあったのでゲット。
対談で読みやすいです。村上龍が嫌いな人には有害です(笑)

全体を通して思ったのは、「成功者は決して成功とは自分では言わない」ことです。 また「成功者」とは「単にお金が一杯あるお金持ち」というよりは(その定義であってもいいと思いますが)、「充実感がある人生」「自分が生きたいという人生を歩んでいる感じ」の人を成功者と定義しているようです。

村上龍自身(呼び捨てにしていいのかな)が今までの成功者に疑問を投げかけるという感じなので、非常に好感が持てました。

今までのようなモデルがない。つまり、良い学校にいって良い会社にいって・・・。高収入というようなものですね。

そういう時代だというのを否定する人はあまりいないでしょう。
僕もそう思います。

だから若者が何をすればいいか分からないというのが「おかしい」のではなくて、
むしろ親世代・・・そうですね、30代以上からでしょうかね。
その世代からすでにモデルが崩壊しかけていたということになりますね。
だから親が分からないわけで、子どもがわかるわけがない・・・そんな感じです。

子どもが悪さしたら親が悪いというのは決め付けすぎかもしれませんが、
大きな要因だというのは否定できないと思います。それほど親は影響力がありまくりです(笑)

p.98-99
利根川 ・・・(前略)・・・それで気がついたことがあって、いわゆる頭のいい子というのは確かにいるんです。記憶力がいいし、答えを出してくるのが早い。ところが研究の世界というのは、答えが分っている質問には意味がない。どういう質問をするかというのが重要なんですよ。


むーと、うなってしまいました。
科学の世界・・・研究でも一緒なんですね。原理原則って。
これって自分で考えるってことですよね?結局。
勉強になりまくりです。


p.105-106
利根川 僕は一応生化学教室というのがあったからそこに所属したんだけど、そこでやることになっていた卒業研究は全部無視して、将来分子生物学をやるための勉強を自分でしました。ずっと後になって、ある有名な分子生物学者と、一般の高校生などを集めたところで講演をしたときに、彼が生徒に向かって、自分で勉強しろと言ったんです。セルフラーニングだと。先生や学校に頼るな、いくらでも研究、勉強をする方法はあるんだ、本があるではないか、図書館があるだろう、やりたければいくらでも勉強できる、と。僕は至言だと思う。・・・

これまた、うなりまくり。
勉強という言葉は深いんですよね・・・。勉強しろというのも色々あるんですが、
結構これが伝わらないことがありますね。学びといえば言いのでしょうか。
とにかく、極論かもしれませんが、勉強は1人でするもの・・・いや自分がするものですね。
当たり前だのクラッカーですが、これも原理原則(笑)

p.129
「死ぬ瞬間に悔いなく死ねること」

これは30代のアンケートで、こんな答えがありました。
誰でしたっけ・・・あの90歳以上で、現役の医者の・・・えっと・・・。
あの方も同じようなこといってますよね。これ僕もすごく共感できて・・・。

これこそ充実感の極まりじゃないかと思うのです。
死ぬ瞬間に「ありがとう」といえる人はおそらく「成功者」だと思います。
もちろん「人生の成功者」です。
僕もそんな人になりたいです。

p.138
ゴーンというのは、カルロス・ゴーン氏のことです。
ゴーン エンジニアの仕事というのは、ある問題が十分定義され、説明されれば、その問題は半分解決したことになるのです。

続いて、残りの50%で解決策を見出すと展開されてます。
僕はこれはすごい発見だなと思います。要は問題というのは「何が問題か」というのを発見できれば答えはすでに半分でてるということですね。
納得しまくりです。

それで、おもいっきりそれを紙に書いてみるとおそらくもっと明確になるんでしょうね。
あとは問題を解決するだけ。問題を解決するのは、問題を見つけるのと連動している。
当たり前っちゃ当たり前ですけど、これも原理原則ですね(おー

p.184
猪口 私は村上さんの文学を読んでいて、「絶望を語ることによってしか希望を見せることはできない」ということを感じます。たとえば社会学には自己と非自己という考え方があるでしょう。自分を知るというのはどういうことかというと、初めてそれと全く違う存在と出会ったときに、つまり非自己と出会ったときに、自分を定義できる。それと同じように、希望を探していくときというのは、絶望を見つめないといけない。そしてそれはきっと文学者の仕事なんだと思うんです。

この考え方が非常に好き。
これは世の中がプラスだけで回っていないということなんでしょう。おそらく。
光と影。プラスとマイナス。

それは誰からも好かれる人がいないのと同様かなと思います。
僕は誰からも好かれる人がいるとしたら、それはおそらくですよ、誰にも好かれない人なんだと思います。
もっといいましょう。人を嫌いになったことがなければ人も好きになれんです。
僕にはそういう考えがあります。

別にこれは人を嫌いになれとか、憎めとかそういう話じゃないのであしからず。

p.259-260では、中田ヒデとの対談で、新興宗教の話も出てます。
面白いですねえ。さすが一味違う。僕もこの考えに納得です。この部分だけ読んでも面白い(笑)


この本は対談ですけど、迷ったら買いです。
迷わなくても買いです。(笑)
僕はすごく気に入りました。さすが「5分後の世界」を書く人は一味違う・・・。


人生における成功者の定義と条件
村上 龍

発売日 2004/08/27
売り上げランキング 1,834

おすすめ平均
成功者の定義に対して誘導的なところも感じました
シンプル
成功の定義を見直しましょう

Amazonで詳しく見る4140808829

大学プリンタ

就活物語を刷っていたわけですが・・・。どうにもこうにも大学のプリンタがダメ。
というか罠ですな・・・。結局紙を50枚ほど無駄にして・・・。

アウチ!

ホチキスもかなりいい加減で。あがー。でかいやつを調達せねばまずいですね。

まあ、これは身内というか、書いてくれた人に配ろうとしてたので、
少しくらいいかな。てへっ(ダメ

色々路線というか、可能性があって・・・。まあ面白そうな方向にすすんでます。

でまあ、プレゼンというか、これを知らない人に見せる時に必要な事項は・・・。

1.「なぜこれを作ったか」
2.「他の体験記っぽい?のと何が違うのか」
3.「誰に配るのか」
4.「これをどう活かしたいのか」

くらいに絞られます。

僕自身は、後輩のため・・・といってはカッコイイですが、
自分のため、自己満足のためというのが第一候補です。うはは(笑)
次に「見たい?」「なら見てよ」とはにかみながらいう子ども(笑)っぽく、
見てもらいたいなあと思うわけです。

天邪鬼ですが、「後輩のタメにつくったんです!」とは口が裂けても言えない。
というか、そこまで思ってない。これは事実であって、僕の想いでございます。

2を僕は強調するわけですが、1も必要なときがあります。
就職活動というものをあまり知らないというと、自分が何様だ!と言われそうですが、
関連してない人には1が必要かもしれません。
まあここらへん適当です。

広めるなら、大学の就職課に営業をかけるわけです。
「こんなのつくったぜ。どうかおいてくれんかのう」といったら、置いてくれるわけないですが(笑)
まあそこは熱意で。「非常に唐突でございますががが、宜しければ・・・」と丁重に、地面に腰がつくくらい低く低くいかなきゃいけません。大袈裟ですが。気持ちは。

そこからムーブメントを起こします。(多分無理
とりあえず、自分が会った人や、欲しそうな人には配りたいなというのはあるんで、
それをしなきゃなとは思います。

なんか大学プリンタの話じゃない・・・。笑顔

ブログ勉強会

2回目の参加。先輩面するのが嫌いなので基本方針は「空気の存在」(笑)
さてどこまでパフォーマンスを出せたか・・・(うん?パフォーマンスの使い方が違う気が。

この時期から就職活動・・・。
ある意見では、学生は遊べ。就活なんて最後の最後でやればいいという人もいます。
一方、入念な準備は怠りなくという人もいます。私立大学だと1年時からセミナー等があるようです。

とにかく「意見」「考え」「アドバイス」は無数に転がっていて、
それをキャッチする。そして消化するのは自分だということを再認しました。
ぜひ僕の考えに共感してくれる人がいたら、ぜひぜひそうしてほしいなと思いました。

要は「軸」で、結局宗教っぽいのは「人生」とか「語り」な部分があるからでしょう。
でもそれはそれ。要は「うさんくささ」を見極めることができるとか、うん?なんか話が変な方向にいってますな・・・。

まあ、面白い話ではないですが、なぜオウム真理教に、結構「頭の良い」学生がいってしまい、幹部とか?になったか。
それは「自分軸」がなかったからなんですね・・・。悲しいですが。

軸がない。

例えば「あなたの生きる意味ってなんですか?」と聞かれる。
すると普通の人間だったらすぐには応えられないです。

そんなのを結構がんばって考えても結局は100という仮に正解があれば、
1くらいしか答えはでないかもしれない。いやそのくらい人生なんて、生きる意味なんて分からないので、良いのですが。

結局めぐりめぐって、自分というものに返って来る。
悲しいですが、そういうふうになってます。なぜかしらないけど。
法則というと宗教っぽいかもしれませんが、経験則といえば普通かもしれませんな(笑)

軸があれば、どのようなことに直面しても乗り切ることが可能です。
どんな壁も打ち破れる。これを宗教といえば、僕は閉口しますが、
とにかく、宗教と人生を語る部分はほぼ共通だと思っていいと、良い意味で思います。

で、何が違うかというと、軸があるかないかです。
新興宗教には軸は一つしかないです。

「自由に生きていいんだよ・・・でもそれは教祖の考えを知ってからだ」
こんなノリじゃないでしょうか?非常に危険です。
その違いが分かってくれればいいなと思います。

そこらへんは自分で見切られればいいのですが、そんな一朝一夕でいきません。
だからいわゆる「自己分析」が難しいという話にリンクしていくんじゃないかと思います。

ふう。

ブログ勉強会と関係あるようで、関係ないような・・・。まあドンマイ。

今日勉強会にお話した方、参加された方。お疲れ様でした。

就活物語しばしお待ちくだされm(__)m

夢子

昨日お店きてくれた時は、仕事を忘れて久しぶりに楽しめたよ?何か三上さんとは相性がよさそうだね♪まだ一回しか会った事ないのにねっ^^最近本当に相性いい男の人と出会ってないから・・・ それでね今度プライベートでデートしたいなぁ。お店以外で会うのは内緒だからね^^三上さん、今月の最後のおこずかいはたいて来てくれたんだよね、会う時はお財布持ってこなくていいからっ!だって本当気持ちよかったんだもん♪私物の勝負下着で行くから夢子のえっちなお願いいっぱい聞いてね^^お店休んで早く会いたいよ・・・いつ夢子と会えますか?

うわー
またきおった・・・。全く同じメール。やはり罠メールか。
人間をメールで釣るとは。あんたは許そうがわたしは許さんぞ。(笑)

郵便振替口座って?


一般振替口座 VS ぱるる
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6004/remitjp/remitjp_fvsp.html


たまーに目にしたこの口座。
あるイベントで、送金をすることになったので調べて見ました。

このページをみると面白いほど分かりましたが、要は法人向けなんですな。
普通振込で、手数料は機械で60円、窓口で70円。どちらをとるか!(笑)

一回だけ振替口座にぶちこんだ覚えが・・・。その時は機械だった気が。
気のせいかな。

どうでもいいですけど、ドリコムブログ。
安定してきたとはいえ、書けない人は書けないような・・・。
ブログ格差?

最後の不満?

管理ページにアクセスできるけど、重いっすなあ。
これがデフォルトな感じが。混んでいるとかどうでもいいんですわ。
コンビニでいえば「あ、そういやオニギリ食べたいな」とおもったときに行ったら
「おにぎり」がない、と。まあそれでそのコンビニに二度と行かないことはないでしょうが・・・。
3度もおにぎりがなかったら行きますか?行かないでしょう?奥さん。

サクサク進むブログないもんですかね・・・。

追記:
今やっとこさたまってたネタを放出。
大分記事整理が楽になったような気がします。ドリコムナイスです。
だんだんなれてきました♪

ブログは1つで僕は十分です。2つも作るとテーマを決めないとダメですし。
テーマがない!

本は発見である。

本を読んでてふと思った。それは本って気づきが多いなということ。
もっといえば、気づきしかない。もっと過激に言おう。
印象に残ったところしか学べないみたいなこと。そういうこと。

一度目ではそうではなくて、人から聞いてまた読むとか。
そういうことで学びはもちろんできるけど、印象に残るところ=気づき=学びという
関係は変わらないなと思った。

つまり、宇宙のデカさからいって、人間の小ささを考える。
するってえと(?)、1人一万冊も読めるかどうか分からないわけで、
「印象に残ったところ」でゾクゾクしたりワクワクしたりすることが大事だなと思うわけです。
これは、「好きな事をする」という人生の戦略とピッタリ一致するんですが、いかがでしょう?

というわけで、しばし本読みが停滞前線でしたが、ばりばりいきまっせ。

キンコーズデビュー

キンコーズへ始めて行きました。セルフでやれば(つまり普通のコピーですな)9円と消費税ですみます。
9円の消費税は4.5円です・・・。普通の10円コピーより、5.5円安いです。これは数枚なら効果はないですが、
数百枚となると・・・だんだん効果でますね。100枚で550円も差がでます。わーお。
1000枚だと5500円。

まあ値段は良いでしょう。それよりも、普通に両面コピーできます。楽チンです。
コンビニのコピー機は、おそらく出来ないはずでは?出来るのもありますかね・・。
僕は見たことないので。

あと作業スペースも机一個分あるので、ホチキスや糊(あったかな)もあって、
ちょっとした製本なら出来そうです。はさみはあったかな。

セルフではなくて、フルサービス(店員に頼む)のもあります。割高ですけど、
多分キレイに仕上がるんじゃないかと思いますよ。

ちなみに、就活物語。全40ページになりました。印刷は42ページ分で、キンコっても、
400円くらいかかっちゃいます。さらに製本テープも購入したので、それを使うと、
まあ400円くらい制作費として欲しいなあとか思います。
学生なら400円は惜しむかもしれませんし、社会人でもこの物語に400円の価値はないと
いう人もいるかもしれません。

でもこの400円という数値。一応これからの指標にしてみたいです。

単純にですが、100ページなら1000円なわけです。
が、普通って本ってもっと安い気がします。
あれは紙の大きさがA4じゃないですしね。そこでまず違いが。
あと、量が多いのでもっと安くなるんでしょうな。一万枚くらいすれば、
5円は絶対かからないでしょうね。一枚あたりの話。多分です。

とりあえず、作り終えて、また今後のことは考えたいと思いました。
どうも同時に「作りながら」+「配布」していくのは難しくて、そうではなくて
とりあえず「作る」。その後に配布。というふうに分けるつもりです。
配布はどういった人に配るかは未知数もありますが、欲しいと言ってくれた人には
きっちり配る予定デス。

ホリエモンの話

吹上ホールで行われたイベントです。
地元のラジオ放送CBCの公開放送。

人がすごかったですよ。立ち見でした。

?

ホリエモンの話を昨日聞いてきたのに、すっかり忘れてました。
金があれば何でも買えるということを言うような人間ではないなと思いました。フィーリングです。
ビジネスとしては、野球をもっと面白くするということ。例えば観客のプロファイルをとって
ビジネスに利用するとか。

あと、共感できたのは、情報は量だということ。質は量をいれれば付いていくといわれてました。
本とかも一緒だなと僕は思いました。要は速読とか意識しなくても、どんどん処理しようと思えば、
自ずから速くなるんだなとここで確信しました。

あがが

ふむー。27日のこの時間でも、管理ページ駄目ですな。
中には無理矢理更新した猛者もおるようですが、かなり時間を食っているはず・・・。
こりゃ、今月中ブログ書くの無理かもしれませんね。残念ー。

EZ!TV

EZ!TV面白いですね。
今日は、ラーメン屋の店長選挙とお笑い芸人の学校の若者を写してた。
面白いもんですな。EZ!TVはやはりチェックしたほうがいいですな(笑)

むは

結局未だに管理ページ入れず。
こりゃ、3日間メンテといって欲しいものですなあ。

ネモの不思議な教科書

これは前前からチェックしててやっとこさ買った本です。
フランスの子どもたちに大人気だった本のようです。教科書的かもしれませんが>巻頭のノートとか。
かなり面白いと思います。

ソフィーの世界が哲学を分かりやすくなら、これはフランスの歴史や世界の歴史を分かりやすくという
感じですね。買いですな。

p.246に、ナントの勅令(懐かしい・・もう忘れた)というのが出てきて、
結局これはプロテスタントを認めるという話で、それこそ現代でいえば郵政民営化なんて
全然で、ライブドアVS楽天よりも全然で、新紙幣発行よりも全然で・・・。
うーん、首相暗殺くらいでも全然ですな・・難しい。それくらいデカイ出来事だったと
この本読んで分かりました。世界史勉強してたなんて言えないっすな。
もっと勉強せんといかんなと思いました。もちろん、「勉強」です。

考える大切や、歴史の大切さ、自分の感情の大切さが分かる本だなと思います。

簡単にあらすじをいえば、ネモという事故で記憶喪失になった少年が、記憶を取り戻すため?に
旅に出るというやつです。ありふれた話かもしれませんが、ネモのなぜ?なぜ?というのは、 分かります。が、知っているほうにとってはうっとうしいかもしれませんね。
ここらへんで僕ももう子どもじゃないのかしらと考えさせられるものが・・・(笑)


ネモの不思議な教科書
ニコル・バシャラン, ドミニク・シモネ, 永田 千奈

発売日 2000/09
売り上げランキング 336,331

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る489456906X

一勝九敗

ユニクロの流れを追う?みたいな本です。

正直僕はユニクロという会社が好きではないのですが(じゃあ読むなよ)、
あえて読んで見ました。思ったより面白かったですが、ユニクロの話ばかりで(だからユニクロの話の本だってばあ)、
結構退屈したというのも正直なところです。

p.193に原理原則という言葉が出てくるのですが、これをみて、
堀之内社長を思い出しました。原理原則最高!


一勝九敗
柳井 正

発売日 2003/11/15
売り上げランキング 5,742

おすすめ平均
本家ユニクロ商法解説本
ユニクロ成功の秘訣は着実な積み重ねだった
とても良い本だ。

Amazonで詳しく見る4104642010

ドリコムブログ

2004年9月24日、マイプロフィールはドリコムブログに名称を変更するとともに、アドレスが変更となりました。

旧アドレス:http://www.myprofile.ne.jp/
新アドレス:http://blog.drecom.jp/

このページは5秒後に自動的に新アドレスに移動します。

自動的に移動しない場合は、こちらをクリックしてください。
なお皆様のページに関しましても自動的に新アドレスに移動しますので、ご安心ください。

※現在アクセスが集中しシステムが不安定な状況が発生しております。(ページが表示されない場合がございます。)安定運用を目指し努力しておりますのでもうしばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。


なのですが・・・つながらん。
こりゃあ前もって、リニューアル1日、メンテ1日、最後の調整で1日というふうに3日とっておけば
良いかなとすら思います。先に言われるのと、どんどん伸びるのとでは全然印象が違うー。



あがー。なんとかブログは見れても管理ページに入れないです。
こりゃくまったくまった。

スプレッドワークス

友人と学生NPO起業家のセミナーへ。
スプレッドワークスという「クリエイティブ団体」を謳う団体だ。

三重県の松阪で、d's actというカフェをやっているそうだ。
今度機会があれば行ってみたいと思う。

得るものが多かった気がする。
一つは「学生で起業するというのを意識していなかった」ことで、
結果的に周りから「学生で起業した」と見られるギャップというか、
色んな矛盾があるということ。というのを聞いて、なんとなく理解。

ただ学生で起業するなら、学生である必要はないみたいなことは
ちょっと違うなと思う。おそらく、そこまで強くは言ってないのだろうが、
「起業ありきではなくて、やりたいことありきで」手段としての「起業」を言っているのだと思う。

気づけば?学生で活動的な人が多いと友人が言っていたが、その通りかなと思う。
カフェでも3つある。名古屋市のカフェEST、今回の三重県松阪のd's act、さらに愛知の瀬戸市のマイルポスト。
こんだけありゃいいんじゃないかと思った(勝手

というわけで、今後やるならカフェじゃないなあとか思う。うふ。

とりあえず、やりたいことやろうというモチベーションがアップ。
やはりこういった場は刺激的でいいですな。今後も行くかも。

収穫の多い日でした。
あ、ちなみに昼は堀之内社長の講演を1時間ほど聴いてきました。
2回目ですが、やはり良い。「原理原則」という言葉をすでに使い始めました(笑)
原理原則にしたがっていれば大きく失敗することはないという言葉が好きです。

頑張っている学生というと変ですけど、主体的に生きている人って一杯いるなあと思いました。

追記:
代表の石川さんとメールで最後の詰めを(笑)
学生がやりたいことをやって今に至る。そういうと、社会的にいって
「学生」ということを殊更強調するようだ。それがあまり好きじゃない。嫌?ということのようだ。
石川さんにいわせれば、もっと社会に生きる一個人として認めてもらいということだ。
なるほど、大分納得できました。

が、あえていうならば、それでも学生であるから、それは仕方がないことかなと思いました。
同時に学生であるので、「社会人」としての自己を認めるというのは、
学生であってもなくても、今までやってきた、これからやっていくことを否定するようにも聞こえます。本人にその気がなくてもそうなっちゃいます。魔法みたいですが(笑)

今後のd's act注目ですね。
三重の人ぜひ行ってみてくださいな。ひまわり

あら?

現在リニューアル作業中です。

マイプロフィール運営責任者の広瀬です。
このたびはリニューアル作業が大幅に遅れておりますことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

25日9時のリニューアルをお約束いたしましたが、以下のようにまだ一部データの再現が完了していない部分がございます。

・一部の絵文字
・一部の半角スペース
・一部のリンク指定
つきましては大変申し訳ございませんが、いま一度リニューアル時間を25日12時まで延期させていただきたいと考えております。

皆様からお預かりしたデータをそのままの形でお返しすることが、私達に課せられたもっとも大切な責務だと考え、このような決断をさせていただきました。
皆様の期待を裏切るような形になってしまい本当に申し訳ございません。

必ず皆様の信頼を取り返すことができるよう、全力を尽くしてまいります。
今一度お時間を頂戴できればありがたく存じます。


運営責任者 広瀬敏正 お問合せ先 : info@drecom.co.jp

24日の2時?18時が、25日の2時になって終わりかと思ったら、
どうやらそれから25日の9時になって、さらに今9時過ぎですが、その時点で
25日の12時となったんですね。

おそらく徹夜作業。ITプログラマーやらエンジニアはえらいめにあってるんでしょうが、
そんなことは僕には関係ないと言ってしまおう(笑)

無料で使わせてもらっているといっても、言うことは言おう。

すでに、広瀬氏が「信頼を取り返すことができるよう」といってるように、
これはjugemほどじゃないですが、マイプロユーザには打撃を与えたことでしょうな・・・。
と言いつつ、僕はマイプロから離れるつもりはないですが。うふふ。


といいつつ、今思えば、もっと計画性が求められたかもしれませんな。
どんな状況かこっちはしっちゃことはない。という立場をユーザは遵守といったら変ですけど、すべきじゃないのかなと自分を正当化。

つまりノリ的に「そんなの1日あれば余裕っすよ」とかだったら、ダメダメってことです。
そうじゃなかったら、メンテご苦労様ですといいたいですが・・・。

さあ、この問いにドリコムさん。答えてくだされ(?ー?)

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルクはじめてみた。
こりゃー狂人とおもわれても仕方がないですな。
といいつつ、狂人を演じることの出来る役者がすげえと思ったり。
狂人の演技したい・・・(笑)

これ1999年なんですね・・もう5年前。

日本にジャンヌみたいな人っていますかね・・。
女性ならなおさらいいですが、神って言葉はどう変換すればいいのやら・・・。

難しいですな。

魔女狩りについては興味ありますが、どちらにしろ教会が世俗的だったからこそ
魔女狩りなんてものがあったんでしょうな・・・。

今の死刑制度もある種そうかもしれません。といったら、法律やルールを否定しそうになりますが、
あわわ、この辺は難しいですな・・。

敬老パス

敬老パスってしってますか?名古屋じゃ結構有名なものなんですが、
いやそれは井の中の蛙ちゃんですな。他の自治体でもしっかりあるようで。
名古屋だと65歳以上の方が対象で、いわゆる名古屋市営のバスと地下鉄は無料で乗れるってやつです。
もちろんタダより高いものはないわけで、税金からきっちり出ているわけですな。

名古屋市のサイトで今月21日から、全額無料ではなくて、一部負担となったようです。
さっきしりました。あぶね。新聞は読むものですな(笑)

名古屋市のサイト
http://www.city.nagoya.jp/09minsei/korei/keiro_pass/

これは共産党の記事
http://www.jcp-aichi.jp/action/data/1038969810.html

共産党の記事みるとなんか過激ですなあ。
「戦後五十余年にわたり平和憲法を守ってがんばってきた高齢者に、こういう攻撃は許せない」
というのが過激だなあと思ったわけです。

僕は思うのですが、高齢者ほどお金もっていて、そこからお金をとろうという考えが万一です、
万一なくても、結果的に取る形になるのはやむをえないなと思います。
というよりも、それが若者的な立場ですな。

だが一方高齢者からしてみれば、市はひどいことをするなと思うわけです。
ただ、50年余りに平和憲法を守ってがんばってきた高齢者と、敬老パスの因果関係がかなり意味不明ですな。

まあ、おそらくですが、戦争を通して、日本社会を戦後も支えてきた我々が
なんでこんなことされにゃいかんのかというのでしょうな。多分ですが。

分かるっちゃ分かりますが、結構どうでもいい話です。

問題は名古屋市の財政がピンチってことです。というか全ての自治体ですかね。
なんでピンチなのかは、一般論によって説明されますが、自治体によって説明の仕方が
全然違うような気もします。それくらい街によって違うんだろうなと勝手に思います。

若い人が減ったとか、不景気だなんて理由にならないっす。
戦争をしたときに首相は運が悪いとか、そんな理屈を肯定する気にはならんですけど、
まあとりあえず100%やってみましょうってことでしょうねえ。

といいつつ、自治体の経営やらに首をつっこんでもワケワカメだと思いますし、
政治的なものに首を突っ込む気も毛頭ないですな。賢明な人間ですから(まるで、公務員や政治家を馬鹿にした発言ですが・・・)
生理的に好きになれませんな(出た!生理的!NGワードだ。

それはともかく、敬老パスは年に1000円?5000円の負担だそうですよ。
65歳以上は離島生活ってのも悪くないなと思いますよ?どうでしょう?

街にしがみついた生活というと、社会的弱者を攻撃しているようですけど、
そうじゃなくて、意外や意外、健康で動ける人こそ、しがみついている気がします。
そうはなりたくないものです。うふふ。

変なメール2

またこんなのきました。実名なんだろうなあ・・。まあこの平田さんはそういうリスクも考えているとみて、公開。

はじめまして☆平田と申します。えーとですね、
以前メル友募集してましたよね??その書き込みに
とても興味を持っててアドレスを控えてたんです。
ちょっと前の書き込みでしたけど。
ぜひぜひ仲良くなりたいと思ってるんです☆
自己紹介を致しますね☆
平田智美、22歳でフリーターをしております♪
趣味は旅行と読書で、好きな作家は筒井康隆さんです。
スリーサイズはまだ言わないほうがいいかな(笑)?
そんなワケでして、平田、お返事待っております!
趣味や、どこに住んでるのか教えて欲しいです☆
あ、あと何て呼んだらいいでしょうか?平田のことは、
平田と呼んでください☆

メル友なんぞ募集したことないですなあ・・。
筒井康隆好きな人いるんですなあ。あの人の作品最近読んでないや(笑)
別に僕は嫌いじゃないけど、好きっていうわけもなかったり。ただ面白いとは思うというスタン ス。

スリーサイズってなんなんですかね。わけわかめだ。(笑)

僕がどこに住んでいるかをいうつもりもないし、名前をいうつもりもない。

全くなんてこった。(笑)

あ、どうでもよくないですが、HTMLタグ使うとき、わざわざチェックボックスオンにしないとダメなんですかね?
あとプレビュー表示が解除しても消えないのはおそらくバグっぽいですなあ。
メンテお疲れといいつつ、まだまだマイプロだった時の独り言は続く。笑顔

ああ、顔の絵文字は前のほうが好きだったなあ・・。

今気づいた。
HTMLタグチェックオンにすると・・・改行にBRタグいれんといかんのですな。
これは超めんどうですな。

前は、tableタグ使えなかったのに使えるようになった。
だけど、前みたいにBRタグだけ省略できるほうが絶対いいっす。
もちろんチェック外せば可能ですが、するとblockquoteで引用やら
アマゾンのリンクをすることができないのですな・・・。

これは結構やばいんでは?

あーあ

やはりリニューアルは1日となった。最初は18時までだったが、今アクセスしたら
25日の2時までとなっていた。

マイプロには悪いけど、僕は18時で終わらないと予測してた。
やはり1日かかる。1日かかると最初にいっておけばいいのになあとか思う。

それはだめなのかねえ・・。難しいものだ。

小説 起業講座

これは小説で読みやすい。

小さな会社の話で、兄が親父の跡を継ぎ、弟が会社を作るという
ストーリー。これは日経ベンチャーの連載小説らしく、何でもネットでユーザの声をきいて
それをストーリーに反映させている。こんなのがネット始まった時にあったのね・・・。

本の可能性に少し感動。これは1つのネタなんかじゃないと思う。

ちなみに1996年?1997年の連載なので、今はネットではアクセスできないはず。
読みたかったら買ってください(笑)または借りるか。

小説起業講座
江波戸 哲夫

発売日 1997/11
売り上げランキング 928,215


Amazonで詳しく見る4822240924

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス

この本は買いだと思う。ザ・ゴールも面白かったが、これも面白い。
今回は思考プロセスというものを使って難題を解いていくストーリーだ。

とはいえ、僕は本書の内容的なものを僕は理解しているとは言い難い。
コスト会計なんぞ良く分からないし。

そもそも会社の価値は株主が決めるというけど、実際の指標がいい加減ということも
ありえるわけで・・・。ここらへん勉強が必要ですな(^^;

今回は引用はしないけど、心に残っているのは、
現状の問題をしっかり紙にかいてどうするかを決めて、今後の戦略を練るという
場面だ。これは思考プロセスというものだと考えていいと思う。


僕の周りというか、僕の中でも問題は一杯ある。それをブーブーいっててもしょうがないわけで、
それを紙に書いて現状を認識したら、どんな状況でも1歩踏み出せばならない。
1歩踏みださなきゃいけないのは、それはそうしないと何も始まらないからだ。

傍観的な静観もいいだろうが、今までそれで物事が良い方向になるというのはあまりない。

思考プロセスを駆使して問題打破する。かっこいい。
3作目だったかな。あれも今度買ってみたいです。

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
エリヤフ ゴールドラット , 三本木 亮

発売日 2002/02/23
売り上げランキング 2,776

おすすめ平均
5つの視点
さらっと読めます☆
前作同様素晴らしい内容でした

Amazonで詳しく見る4478420416

一気に

メンテ・・・。ヤプログコメントみたいなプレビューはいらんです・・・。これは不評のはず(笑)
ネタカキタメ中。

マイプロの罠

23時の時点ですでにアップできず。罠ですな。サービス停止3時間前からすでにアウト。
ドリコムの検索サービスのNBSアラートメールが来ないなとおもったら、すでにサイトで
サービス停止してるし。なんか唐突感が否めませんなあ。

ITは何事もスピードが速いというのは分かりますが、こういった人的なものっぽい?ことは
どうにもしようがないんでしょうかね。
要はワンクッション置く技術はITじゃ無理だと思うのです。それこそ人間力。

人は行動とか発言とかからその人を推測するわけですが(え、僕だけですか?)、
それって結果論じゃないですかーというのが僕の考えです。
要は結果論の連続。ひねくれた考えじゃないです。

だから自分の期待しているものとか、変な結果?がそこにあるとしたら、
それは全て真実なんですなあ。それを見た自分も、演じているかどうか分からないけど
相手の全ても真実。だからこそ、全てを受け入れるみたいなことを言い出すんです(笑)
受け入れないと事実も何もありませんしね。

嫌いな人間を語るのは好きですが、好きな人間を語ることは結構苦手だったりします(お、弱点
好きな人間は一緒にいるだけで十分です。お腹一杯(笑)
トヨタの改善じゃないですが、好きな人間をいくら語ってもそれこそ意味がない気がします。
嫌いな人間の対処の仕方を磨くことがなんか面白いなあとか思うわけです。
ここらへん変わってますね。自分で思います。

でも嫌いな人間から得られることは、実は好きな人間から得られることよりも大きいことがあります。
それはネガティブな自分の面の確認が出来ちゃうからですね。うふふ。

自分感覚じゃないですけど、自己をとりあえず肥大させて背伸びすると危険だなと思います。
受け入れようとして受け入れられないのはしょうがないと思います。
自分の度量が小さいなとおもえば、大きくすればいいんですな。そう思わなければそうしなくていい。

そんな感じです。

と、おもったら今直りましたか。
とりあえず調子悪いことは否定できないでしょう(笑)

本当に腹の立つこと

それは、本当のことを言われることだなあと思いました。
でも、全く違うことをいわれても、自分は違うのに本当に相手が間違った理解をしていても
腹が立ちますが・・・。まあそれはしょうがないところもありますしね。

あとレールに乗るっていうのが僕は嫌いですけど、どうやらレールに乗っていると
言われても仕方がないところはあります。親に食わせてもらってるし、学校はそれなりに
いってるし。それはおそらくレールじゃないんです。でもこういうのをレールといえば
それまで。

レールってのは、自分が考えずに他人の考えの通りに進むとかそういうことでしょうね。
敷かれたレールというのはその通り。でも自分が何でも出来るなんて思ってても
そう言っちゃいけない。それはただの傲慢ですわな。ただ言い方ってものがあって、
うまくいえばサラリと流せるものです。そこらへんは愛嬌がないと駄目なんですねえ。多分。

冷静な見方を一つの視点としておかないとこれまた変な人間になりそうです。
つまり、僕が考える、人っていうものは、主観の塊じゃないといけないとすら思っています。
それくらい人って感性で生きているから面白いと思うのです。怒ったり泣いたり。
あまり激しすぎるのも困りますが。それは好みの問題です。

冷静な、いわゆる客観的視点っていうのは、1つの視点なんですよね。
結局主観で決める。データや数値っていうのも、客観指標。最後が人間が人間らしく決める。
こういうデータがあって、こういう予想が出来る。だからGOサインを出す。
非常に論理的ですが、「だから」というのは非常に人間らしいとか勝手に思います。

客観的な視点だけしか持たない人間って寂しいじゃないですか?(そんなことない?

僕はそれは論理的には正しいとか、客観的には間違っていないことでも、
自分の感覚として納得できないものはとりあえず無視しています。それくらい自分を信じてます。

この感覚が今までは「歪んだ自己感覚」だとすら思っていたことがありました。
ところがどっこいどこんじょのすけでございまして、これこそ自分だなと思ったのでございますさー。

別に僕は普通の人間ですが、多くの人って、自分はこうだっていうのを恐れていることが多いなあと
思います。それはそういうことで何か問題が発生すること(その問題はほとんど杞憂なんですけど)を
恐れているのか、それとも単に言いたくないのか。一見すれば分かりません。

ただ僕は本当のことをいって何が悪いかというのがあります。
何でも思ったことはいうのと、本当のことをいうのとは違いますけど、
あまりにも何も言わないのもバランス感覚が悪いなと思います。

僕自身、偏狭な人間だと思っているので、それはバランス感覚が悪いとかそういうことではなくて、
どれだけあがいても?磨いても?人の領域は越えられんみたいなところです。
妙な悟りです。

でも、思うのですけど、良い意味で諦めを感じられない人は僕は好きじゃないんです。
誤解を恐れずに言えば、マイナスから入ると人はプラスに出られると思うのです(なんかカッコイイフレーズ。

良い風にしようというより、悪いところから入ればグッドです。
人も第一印象を悪くして第二印象を良くすれば、評価はグットあがります。が、リスクあります(笑)
自分のことでも、ある種開き直り「下手で結構」「自分は出来なくて当然だ」くらいの気持ちで
何事も望むほうが楽だなと思うのです。もちろん、結果を出そうと思いつつそう至るのが良いわけで、
全て鼻ッからこう思ってては駄目なんですけど。説明が難しい。

ネガティブなことをまず言って、ストレスを発散する。それから良いことを考えれば良い。
そういう生き方ってのは無理があるかもしれませんが、そうやったほうがいいなあと思います。


脱線しまくり。

腹の立つことといえば、自分が学問的な見解の領域にしっかり入ってることですかね。
ある友人が驚きと同時に苛立ちも覚えていたので、それを思い出します。
僕も心理学なんかで、青年期はこうで・・・というような記述を見ると、うーんと唸ってしまいます。
占いみたいなもので(あ、僕は占いは良いことしか信じませんが(笑))、当たるところもあるし
当たらないところもあるしみたいな感じです。学問ですらそんなレベルです。
心理学という学問だからでしょうかね。こういう風にならなきゃいけないなんて人は、おそらく
窮屈すぎて学べないんでしょう。自分に当てはめるのは結構ですし、僕もやりますけど、
そうならないからおかしいなぞといっては本末転倒です。逆に、だからこそ自分だなと自己肯定感を
より際立たせるくらいのほうがよさげです。

es

さきほどTVで見てました。
友人がずっとまえに見たっていってたのを思い出してこれはチェックせねば。と思いつつ。

とりあえずいっておくと、心理学で実験倫理のことが問われていて、こんな実験今では禁止です・・・ということは?昔はそんなのがあった・・・ってことです。

もっと恐ろしいことをいえば、この映画は最後に人の目に触れられたからいいものも、もしそうじゃなかったら・・。

つまり、密室でこういった実験をやろうとおもえばできて・・・しかもその結果は映画のようになりうるってことです。これ多分ですが、そうなります。映画のように急激に変わるとは思えませんが、僕の推測では一週間もすれば、役割を認識してもはや逆らえないと思うのではないかと思いました。

あんまりというか、気持ちの良い映画じゃないですけど、ただの怖い映画っていうのじゃないですな。心理的なものです。僕はホラー嫌いなんですが、こういうのは結構見る価値あるとおもいますよ(笑)

これ2001年なんでもう3年前なんですね。時が経つのは早いですなあ。

歌詞

SOPHIA「青い季節」の歌詞が見つからない。
うたまっぷで検索してもなぜか出てこない。

おそらくJASRACから承諾されないのかな。

というより、8月発売なので新譜ってことで、まだ歌詞は公開されないってことですかね。

著作権の権利は良く分からんのが正直なところです。もっとシンプルにしてほしいですね。それができないから今こうなっているというのは、正直どうでもいいことです(笑)

変なメール

ウィルスメールと迷惑メールが最近増えた気がする。実害はないけど。

それよりも、Toに自アドレスが乗ってないのに届くメールが不思議でしょうがない。これ仕組みどうなってるんですかね・・。やべえ、絶対調べちゃるわ(笑)

今日こんなメールが来てた。アドレスはさらしませんが・・・。


昨日お店きてくれた時は、仕事を忘れて久しぶりに楽しめたよ?何か三上さんとは相性がよさそうだね♪まだ一回しか会った事ないのにねっ^^最近本当に相性いい男の人と出会ってないから・・・
それでね今度プライベートでデートしたいなぁ。お店以外で会うのは内緒だからね^^三上さん、今月の最後のおこずかいはたいて来てくれたんだよね、会う時はお財布持ってこなくていいからっ!だって本当気持ちよかったんだもん♪私物の勝負下着で行くから夢子のえっちなお願いいっぱい聞いてね^^お店休んで早く会いたいよ・・・いつ夢子と会えますか?


どうやらこれは「三上」という人に送ったようで、しかも1回しか会ってないようだ・・って分析してどうすんねん。

お店っていうのは、ここではお水なお店なんでしょうな。なんかどうでもよすぎる(笑)

今月の最後のおこずかいはたく・・・結婚してるんですなあ。でそのおこずかいで店にきてくれたから、気持ちいい?それとも。



僕は三上じゃないぜ。間違いメールに返信するのはどうなんでしょうね。「間違いですよ」って。

何を学べるかは自分が決めるようだ

旅にしても、勉強にしても、遊びにしても、そこから「学び」があると思う。

例えば僕なら、旅で自転車を使っていて、色々失敗がある。

旅中の自転車管理は結構適当だ。鍵は街中ではつけるが、街中はほとんど止めないので、鍵をつけることはない。
自転車を盗まれたことはまだないけど、色んなモノを落したり忘れたりしたことはある(笑)

手袋とか、タオルとか。あとはなんだろ。
安いものですかね。


友人のある考え方がとても気に食わない(まて
僕は自分が正しいとはいわないが、ほとんど自分が正しいと限りなく近いような「自分の考え方」が好きだし、それで生きたいと思っている。

その友人の考えってのは、区切り方がはっきりしすぎているっていうものだ。

僕は境界線というものが、いかに危険な考えを知っている自信がある。過信ともいうだろう。例えば、馬鹿と頭の良さの境界線は?とか。そういう類のことは誰しも考えたことがあると思う。友人と恋人の違いとか考えるとニヤニヤしちゃう人もいると思うのさー。

人生の区切り。例えば,小学校を出て、大学までいって、そっからいわゆる社会に出る。仕事をするってことだね。自分で食って生きていく。そういう節目、進路の岐路は大切だと思う。しっかり考えるし、考えたいし。

そうではなくて、そこでぷっつり切られているという考えが友人の考え方だ。
つまり、今までの学生生活で得られたものは社会では通用しないっていう、ちょっと大袈裟ですがまあ大意はあってるはず。

結構前の話しかもしれないけど、ちょっとまてと。それはおかしいぜ。そんなくっきり分かれたら誰しも過去を責めたり、後悔したりしないぜ。といったのだが、どうなんだろう。

常識はどうでもよくて自分の直観を信じて生きたほうがよいと思う。別にマイノリティーなかんがえとかどうでもよくて、それがいいと思えばすればいい。周りがやるからとか周りがしているからという状態に持っていくことばかりでエネルギーを費やしていてはダメだと思う。と、大き目の企業批判ですなあ(笑)

偉そうに聞こえたら申し訳ないですが(友人に対して)、
「僕はそうは思わないさー。こうじゃないか?」ということ自体がすでに、意味のないものかもしれないなーと。一種の無力感ですな。なんか常に無力感を感じている気もするけど、その分達成感が得られているから生きてられたり。

基本原理原則ではないかもしれないけど、僕の中ではあるルールがある。それは、「はっきりとこうしたい。こういう理由があるから」と納得できることをいう人は、きっちりそうやるということだ。

逆に「黙っていたり」「言葉を濁したり」「考えようとしない」人は、確実に何も出来ていない。なぜか知らないけどそうなってる。

僕の性格上はっきりいってくれたほうがどんなに後が楽だろうかと思う。僕自身きつい性格とは1mmも思っていないが、人間ってもんはアホなもんで(?)、自分自身には甘かったりするわけだ。

つまりこういうことだ。友人に対する意見もモロ自分にかかってきている。友人の状態が自分にも合致したり経験のあることだとますます、腹が立つこともあれば、ああ、昔の俺だとか思ってしまうこともある(笑)

学びもはっきりしたほうがいいと思う。
どんなことからでも学びは得られる。プラス思考ではないけど、「こんなことやらなきゃよかった」という後悔っぽい、これも学びだ。やらなきゃよかったという学びだ。

学びは自分で発見する、気づくものでそれ以外のものじゃない。ここを勘違いしている人がいて、どっかから学びがくると思っているらしい。それは自然に時間をおいてあとで気づくという類のものではなくて、本当に他力でくるという考えだ。そんなのはない。

そろそろ夢から覚めたら?(笑)

いつまでも寝ててもしょうがないしね。

ウィルスバスター更新手続き

とりあえず振込用紙もってコンビニちゃんへ。
うーむ、この時間帯の店は覇気がなくていいかんじ(笑)

3150円。

安いなあと思う。また同じこといってる気がする(笑)


今日は、SOPHIAの青い季節を借りてきて、「ほう、8月発売の曲でもレンタルでは新譜扱いなんだねえ」ということを知った(え、当然ですか?

時間感覚が違う。2週間くらいで価値なくなりそうな勢いだと思ってた。本当に。それくらい毎日曲一杯でてる。こんなのクソじゃんという曲でも好きな人がいるから面白い(それは第三者的であって、主観の交じり合いは決して美しさは見えそうにないけど。なんだこりゃ?)

時間感覚っていうのは、どれくらいで賞味期限切れかということだと思う。

沖縄では2日くらい賞味期限きれたツイストドーナツをおいしく召し上がりましたが(笑)

青い季節と、あと2枚アルバム「夢」と「THE SHORT HAND」の2枚ですな。
1枚無料で借りられるチケットがあったんですが、なるほど、青い季節はマキシシングルなので安い。アルバムのレンタル315円をタダにしてくれた。ふむ。良心的ですな。


前々から気になってたんですが、レンタルCDで歌詞がないって・・・。これ誰かパクるんですか?それとも破れたりしたから?

ちなみに、道の駅にはスタンプラリーたるものがあって・・・分かる人はあーあれかーといい、分からない人も話を聞くと悲しくなると思いますが(笑)・・・そのスタンプをパクっちゃう輩がおるそうな。まじみたいですよ。

一応24時間営業(スタンプがあるのは、室内か、休憩所か、色々駅によって違うみたいです)ですけど、スタンプになんかチェーンがついてたり、夜間はスタンプのインクがコピーした紙がおいてあったり、18時以降はスタンプできなかったり(笑)

色々あるんです。で、まあ問題はそんなスタンプもっていってどうするかですが・・・。
どう考えても、遊びか嫌がらせですよね。他にもあるかもしれませんが、ちっと頭がふっとびすぎてます。

ああ、ふっとぶといえば、チャリンコを家の前のどぶに鍵をつけたままぶちこんでにげていったヤツラがいるらしいです。もう秩序もへったくれもありませんな。

世の中悲観しようと思わなくても、悲しいこといっぱいありますね。

SOPHIAの青い季節って、なんか90年代の音楽っぽくて非常に好き。90年代のJ-POPの青臭さ(失礼?)がかなり好き。ただ自分が青臭すぎただけなのに、錯覚中(笑)

そういえば

マイプロリニューアルにつきアドレス変わるみたいですね。

個人的なこというんですけど、今ドリコムがやてる検索サービスあるじゃないですか?
あそこに良くアクセスできなくなるんですけど・・・気のせいなんでしょうかね。

例えば、ライブドアの未来検索は結構使うんですけど、そこと仮に比較すれば圧倒的にライブドアが安定してます。なんででしょうね。
なぜなんだー!

24日は24時間表記で、2時?18時までサービス停止みたいです。

アドレスが変わるってことをいえば、自分のブログもアドレスが変わるわけですが・・・いつまで自動的にアクセスできるんでしょうかねえ。杞憂でしょうけど、いきなり感がありますねえ。

本音でしゃべること

沖縄旅では非常に考えさせられた。
結局僕は誰も救えないし、救うこともできないという妙な無力感。

同時に白色だった風景に絵が塗られていく感覚。

嘘も方便だと思うけど、その嘘は「話を合わせる」「知ったかぶり」レベルの嘘でしかないと思っている。それくらい軽軽軽度な嘘は誰しもついているし、僕もしている。

ただルールを変えてしまえば別だ。
気のおけない友人(気のおけないとは遠慮しちゃうって意味ではないよんとお節介)と話している際に、すんごい恥ずかしいこととかすんごい悪いこととかをドロップアウトしろといってるわけじゃない。

むしろ普通の会話として、本音でしゃべることってそんなに難しいのかなあと考えてしまう。それくらい僕にとっては本音でしゃべることは当たり前で、本音でしゃべらんやつは脳みそが温かい(!)とまでいってしまえる。

自分を変えたくても変えられないジレンマというのがある。それは誰にとってもあるんだろう。それは分かる。だからこそ、強く言うことはリスクが高い。でもあえて言う。

意見に正解・不正解なんてない。そんなことを延々といっても、またその話かと飽きられるのも、こっちがうんざりする。お互いうんざりするのももうこりごりだ。

昔「頭の良い人間」って何かと考えたら、結局「考える人間」ということになった。

自分の立場というか自分が理解できると他人も理解できる気がする。どちらかしかできないというのは、わがままかお節介かどちらかになりそうだ。

建前で話したり、適当に話すのって面白くないと思う。逆に言えば、つまらないからこそ適当でしか話せない、建前でしか話せない人とは残念ながらお友達にはなれない。これを運命だというのはカッコイイかもしれないし、変かもしれないが、僕は運だとおもっている。そんなことを理屈で考えてもしょうがなさすぎるからだ。分からない人間にいかに伝えるかなんて考える前に、自分が分かればそれでいいと僕は考えてしまう。なんか変な話だ。

何でも本音でしゃべるというのも考え物だけど、抑えすぎるのもどうかと思う。
その適性レベルはおそらくストレスが溜まらないレベルだと勝手に思っている。

本音でしゃべるのはエネルギーを使う。語るにはパワーがいる。慣れないとヤケドしちゃう。自分をコントロールできるってことは、自分を知っている、分かっているってことになりそうだ。自分が分かっていれば、人も分かろうとする。なぜなら自分が分かるのは同時に人がいるからだ。ここが同時に成り立つところ。

自分が使うべきパワーをどこでとっておくかはその人次第だ。いわゆる価値観の違い。その違いによって、パワーの使い方が変わる。

本音でしゃべることがすごく重要だよ!と僕がいくらいっても、そんなものはくだらないと一蹴する人はいるだろう。そんな人間なぞ僕は相手にしないが、おそらく面白くないのだろう。

本音でしゃべること。
おそらく普段してなければ、本音ではしゃべれないんだと思う。

写真多すぎ

13a19e67.JPG

結構面白い写真多いかも。量で質をカバーです(笑)

これ以上写真載せるとキリがないので、ここでストップイング。

なぜか沖縄では放し飼いの犬が多くて、4日目には那覇市の道路で、黒い犬が道路を縦断したりして、渋滞してました(平和だ。良い意味で。

そうしたら2人の坊主だったかな、犬を追いかけてました。平和だ。

日本縦断したとき、兵庫のえっと・・・なんだっけ。「なんとか坂」っていう10%の斜度があるところを降りたら、道路ににわとりが走ってたことを思い出します。あ、カルガモがめちゃくちゃかわいかったなあ。平和だあ。


で、このわんちゃん2匹は、なぜか川で水泳ぎして楽しんでた子らです。なんか橋の上から撮ったんですけど、ずっと上を意識してて、かわいかったです。もっと近くでとりたかったなあ。

爆走する友人

eb9da095.JPG

これは沖縄本土の北のほうです。アップダウンの連続の時かな。よく覚えてません(まて

友人のダウンヒル(坂下り?)のスピードには叶わなく(ちなみにペダル漕がないのが俺らルールです(笑))、その友人の姿をおさめてみました。

50kmでると涙が出てきます。危険です。コーナリングでは30?40kmまでスピードを落しましょう。法定速度は自転車は30kmです(^^;

旅写真

4a2bd468.JPG

220枚くらいとってきました。
無駄な写真もありますが、やっぱわけのわからなさそうなのも撮ったときには意味があったはずで、それを思い出すのがグッド(笑)

この写真は、那覇?名護市へ行く時、休憩して歩道で遊んでたやつです。このちょっとまえに、多分地元のMTB二人組にがんばれーと声をかけられ、元気がでたんです。応援歓迎ですな(笑)

広告つきましたね

マイプロに広告がつきましたね。
googleアドセンスみたいですねえ。

今後のリニューアルに期待です♪

沖縄で得られるもの

僕が沖縄に行ってえらえるものは、歴史だと思います。歴史的なものが好きってわけじゃないですが、どうもアシがそっちに向かいます。

沖縄行ったら平和祈念公園はぜひ。

観るところは、那覇市を中心に偏っていて、あとは車を借りて見るのがベターです。

食べ物はソーキソバがうまかったです。あっさりしているんだけど、味がないわけではなくてむしろどっしりとした味わいを残しつつ、さらに豚肉が柔らかくなんともいえないうまさ。

他にはとくに沖縄的なもの食べてませんね。


沖縄戦が印象的ですが、やはり戦争というものを考えさせられるわけですな。戦略的な考え方とかどうでもいいですが、どれだけ「頭の良い」人間が考えるものでも、結局は人間の領域を越えはしませんな。要は戦争を肯定するような人間に大したやつはいないわけです。

人は論理の崩壊したもの、壊れた人間、めちゃくちゃなことに惹かれることがあります。これは推測ですが、先の戦争が始まったとき、最初国民は何をめちゃくちゃなこといってんだろと思ったんでは?ところが、それが続くうちに、わが国は無敵だーみたいなことを言い出して(こういう過激な方向に傾倒する人間は必ずいつでもいますし、)どんどん汚染されていったんではないかなと思います。


海がキレイとはか、おそらく離島のほうがよいはず。スキューバ等の運動も離島の方が良いかなあと思いました。

沖縄本土しかいってないので推測にすぎませんけどね(笑)

平和主義者といわれようが理想主義者といわれようが、僕はそっちがいいと思ったからそう生きていきます。かといって戦争反対デモに参加する気力もないですけどね。うふ。

結局沖縄は一言で、めんそーれと戦争です。
それ以外は何もありません。むしろ、そこから学ばないと沖縄はつまらんと思います。米軍基地を左手に走るチャリと、基地の周りをランニングする人と、その隣をゆいレール(モノレール)を走る光景はなんとも変な感じですが。

日記

沖縄の人はのんびりしている気がします。もちろん、僕からみてですが。
良くいうと「せかせかしてない」わけです。
悪くいうと・・・悪くない気がしますが。

1,2,3日目は野宿していたのですが、道路が結構近かったので、バイクがうるさかったです。

ブルルンルンとプチ暴走バイクがうじゃいです。こんな小さな島で何をいきがってるのか、島の中の人間が!(過激)ねかせんかい!

1日目は道の駅ですね。県内に4つあるので、結構便利かも。

2日目は、道端の歩道(笑)

3日目は、Yさんという人と話すことになったのですが・・・これがなぜか沖縄をマイナス評価に(笑)
大きな公園で寝ましたが、兄ちゃんやネエちゃんが展望台っぽいところで酒盛りしてて「しゅうじの飲みがみたーい」とかいってるんです。ちなみに「朝」の2時?5時くらいまで続きました。あほです。こいつら。大学生かな。どっちにしろ、深夜に酒盛りする理由がわからんし、近隣住民は・・いないのか・・DAMN!!

そういうわけで、3日目はほとんど寝れず。

4日目はビジネスホテルで。


沖縄時間というのは感じられませんでしたが、愛想が良い人というか笑顔が素敵な人が多い気がしました(半分お世辞

一方で、無愛想だったりするとそれはそれはツーリスト的に(一応旅人ですから)印象に残りますさー。「さー」「さー」言うのはいいですね。この上がり調子が難しいさー。

沖縄はいいとして、友人の新たな一面の発見や、2人チャリ旅のきつさと楽しさを垣間見た気がします。

はっきりいって良いところは、荷物の共有やら、ロッカー等や半分にして使えることがある。あと話相手であってそれくらいです。

悪いところは、朝はいいが、夜になると疲れのせいか、お互い不機嫌になってきます(笑)あとこれも疲れのせい、あとチャリに乗ってると声が風で聞こえづらくなるので、大きな声でしゃべらないといけない。でも、疲れるのでそれができない。すると声が聞こえないので聞き返す。伝わらない。

伝えることの難しさを感じたなんて偉そうにいいませんが、そこで友人の新たな一面を発見した気がします。

あと、予定を話し合ってどうするかを決めるのが結構面倒です。これは話合いが面倒といえばそれまでなんですが、それが醍醐味だったりします。

その話し合いを楽しむ余裕がチャリ旅にはないっすね。チャリサークルなんかとてもじゃないけど、絶対無理という自信が出来ました(笑)会話でつかうエネルギーをペダル漕ぐエネルギーにしたいと僕は考える方ですからねえ(笑)

一番の問題といえば、説明が理解できないこととか、理解のできない理由がある時です。
例えばここにいくからこうすると普通のチャリで出かけるときなら話すレベルのことも、会話で力を使うのが惜しいため、面倒のせいもあって、省略しちゃっています。これはお互いにです(^^;だから僕もまずいなあとは思います。

省略は良いのですが、理解できないままだと誤解になります。よく「え?こういうことじゃないの?」という言葉をお互いにしていたと思います。なんかすごく勉強になる瞬間です。

結局、変なこといいますけど、英語が出来るよりもジェスチャーで伝える方が大切だと思いますよ。伝える力という大きなものの中に、言語やら言葉があると思ったほうがいいなあと。

決して言葉の中に伝えるというものがあるわけじゃないんだと。そういうことですな。

生還

沖縄から帰って来ました。

端的に言ってしまいましょう。
4泊5日いたわけですが、沖縄の評価、あくまで僕の主観ですよん、は・・・ややマイナスです。

ややマイナスって何か良くわからんですが(じゃあ使うなよ)、とりあえずそんなところで。

結局、沖縄戦から学ぶべきことを学べと。平和祈念公園は良かったです。150円で色々学べました。

僕の目からは、一般民に自決をせまったり、殺そうとした日本軍、また火炎放射器なので日本軍も一般民も焼き尽くした!?アメリカ軍も両方悪いなあと。

一般民死にまくりですな。
やはり定番なんですが「戦争は繰り返してならない」わけですよ、ね。

愚者は経験から学ぶとかなんやらとは関係ないですけど、歴史から学ぶって結構難しい。過去のことは過去だとしちゃうのも良いですが、必ず過去と現実はリンクしていることの認識が必要ですな。

おっとこの話はいずれまた。

チャリで沖縄は走るべきではないです。
那覇?名護というルートは車が多くて、走りづらいです。また、名護以北は、3つの村があるのですが、基本的に草むらとかで寝るとハブっちがくるそうなので、危険なのです。

その3つの村では、休憩というか食料は集落の「共同販売店」といったものが基本です。集落って概念がやっと分かりました。
つまり、国頭村という村は村の大きさじゃないんですな。かなりでかい。で、その中で人のあつまるポイントがある。そこを集落といって、名前がついています。うん。

だからチャリでも、なんか家と店が少しあるなで通りすぎちゃうくらいです。

あと、自販機ですが大量にあります。しかも500mlが100円で買えたりするので、水分補給には困りませんが、ひざしが強すぎるので、帽子は必須ですし、あと日焼け対策も必須です。

自転車の問題がクリア(暑くて走れない(笑)等)しても、問題は「水」です。
沖縄は水が貴重なんでしょうか、節水がやたら叫ばれている気がします(よく節水しようとラベルが貼ってあったりするので)。
まあ水が貴重なのは当たり前なんですが、浴びる水とか軽く水が欲しい時は、トイレを探すしかなさそうです。が、水がキレイとは言い難いかも。

水浴び的なことを売店の裏でこっそりやってましたが、まあ普通は店の人に一言いったほうがいいさーです。商品買ったからいいと判断(笑)

水がないってことは、正直しんどいです。水がないって痛感するのは「公園がない」ということです。基本的になんとか公園ってのは、市しかない気がします。そりゃ何個かありましたが、期待ができない(笑)

名護以北から北端のへど岬を回って、奥といった地域に行ったのですがここはある種地獄です(え

アップダウンがかなりつらなかったです。斜度は8%もないと思いますが、たぶん6%?7%がほとんどでしたが、繰り返しあります。

個人的に楽しいサイクリングなら、那覇?名護(それでも70kmくらいはあると思いますが(笑))でとどめておくべきかなあと。

もちろんサバイバーチャリダーなので、ちっとやそっとのことではめげませんが。

それよりも、一緒に付合ってくれた友人に感謝。お疲れ様でした。

アントレプレナーDo it 事業プランを作る

行って来ました。面白かったです。

気づけば始めて事業プラン作成関連のセミナーに出た気がします。

内容は、作り方ではなくて、「どうして事業プランは大切なのか?」の話でした。

一言でいえば、重要なのは「事業計画はすごく役に立つから、是非作ろう」ということです。

発見?としては、事業を既にやっている人でも結構事業計画がない人がいるそうです。ということですね。

「とりあえず経営すること」を「とりあえず経営」といっていましたが、ちょっと皮肉っぽいですか?まあ、皮肉でしょう(笑)

とにかく「行動」しなきゃいけないということは言われますが、とにかく行動して、経営してみなきゃ分からないというのは、やはりあります。

が、あえていうならば、事業計画というのは一種のシュミレートであって、そこから何かまた新しい発見があるだろうし、情報も集まるということです。

事業計画を作ること・・・それは、一種の経営にむけての「行動」と考えるのベターかと思いました。

とはいえ、なんでも計画立ててそのとおりにやるとは違いますしね。ここのところバランスが難しいですね。

ああいえばそういう。そういえばああいう。というのでは、何事も理解ができませんしね。

考えるを考える

といっておきながら、タイトルと内容が一致しない。新しいマーケティング(詐欺マーケ。あ、こんなこといってたら、捕まるわ。きゃあ

嘘も方便とはいいますが、僕は基本的に「嘘<事実」だと直感的に思ってます。だからどうした?どうなんでしょうね。なんのその。


結局、考えた末に保留という決断をした(何の話だろう)。自己正当化と同様に、自分は悪くないと考えたい人間だ。都合が良い人間だと思う。でも、でもね、僕なんて神でもなんでもないわけで、腹も立つし(幸せだから、最近怒ることがない。いや、イラっとすることはあるけど、溜まらないんですな)、疑問に思いまくることがある。聖人でも仙人でもない。ただのアシのように弱い存在なのでございます(パスカルをぱくる


でもこちらの悪いところはある。箇条書き。
・自分ではなくてそのモノに頼りすぎていたこと。
・自分のことばかり考えた(結果的にそうなるんだろう)ので、面白いが自己満足の域を脱していなくて、沈没した(笑)

こんなことかしら。デメリットを挙げる。それはそのモノにたいして。

・自分のやりたいことと関連性がなくなってきた。
・自分のパワーが無駄になっている。はっきりいって、僕はエネルギーを相当重視する。コスト意識?ってやつだが(偉そうだけど実際そうしないと、スローライフじゃなくて、時間はない)そのエネルギーを無視してやりたいとは思えないのが問題。それはモノが問題ということで、自分の問題ではない。
・充足感がない。空回りしている。

といったようなことを紙に書いて、次にこうかく。(今、ザ・ゴール2読んでます。面白いですな。それの影響かしら。)

・距離を置いて考えたい。


さて、哲学的だけど、僕が思ったこと、考えた事は全て自分の思考過程の一部に過ぎないし、また全部でもある。

要は、間違えたなとおもってもそれは間違えた瞬間の1歩前までは正解だったかもしれないということ。正解なんてないんだろうけど、ここでは正解=自分が納得できるということにしてみたい。


明日から沖縄で、しばらく旅するわけだが、そこで何か得られるかもしれないし、考えがまとまるかもしれない。
ただ、一つだけいえるのは・・・。
人って本当のことを本当だといえる強い人間、いや本音を話してくれる人間?というのは、非常に少ないということですね。

コーチング的?に「あなたは間違っていないのですか?」などという自問を僕はしているのかしてないのか分からない。が、自分のせいで、自分が語るべき相手に選ばれなかったというのは、ある種悲しいのだけど、でもそれは事実なら受け入れたいし、そもそも自分が言っている「好き嫌いがあるからこそ人間」というのにもピッタリくる。

だから、悲しいけどそれでいいのだと思う。
まるで視点を変えなくても、恋愛みたいな話ですが、決して恋愛の話じゃないのでございます。


その見切りというか、どこで受け入れられなかったかを見切るのは、やはり人と話すしかないと思う。人ってそれぞれ違う。似ている人もいるけど、刺激が多くて面白い。人と話すことって、当たり前過ぎて意識しづらい。でも初対面の人と会うとそれが分かっちゃう(錯覚?)のが面白いんですなあ。



あ、沖縄土産ですが、星の砂を予定してます。
基本的に土産返しがモットーでして、もらった人には思い出せる範囲で返すのが俺ルールってやつです(笑)

あと、上げたい人に上げるのも俺ルール。押しつけっぽいのはダメですが(笑)

衣替え

なんとなく衣替え。
灰色感を読者に与えるのが狙い。
与えてどうするんだろ・・・

準備を整える

チェーンに油をさして、CRCだっけ?をぶちこむ。タイヤの空気も充填。なんか飛行機乗せると上とぶから、タイヤの空気は少し抜いた方がいいのかな、デマ?(笑)まあいいや。

キャリアを装着。自転車はほぼ完璧に近い。
あとは、荷物のパッキング。去年を思い出す(笑)

さようなら。さようなら。

すでに沖縄モード。クローバー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

researcher

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ